姉妹を同じ学校に入れるということ


 
 中学受験って我が子に合った学校を選べるということが最大のメリットだと思うのだが、

「我が子に合った」という視点が完全に抜け落ちる親がいる。
 
 



 
その多くが第2子以降に集中するのはやむなしなんだろうか。

しかも、それが姉妹に集中するよなぁという実感がある。

 

「お姉ちゃんが通っているから」という理由だけで、同じ学校に入れるケースが
出てくるのだ。

 

もちろん、第1子で経験済みの学校への信頼と安心感があってのことだと思うが、
これってすごく危険だなって思う。

 

何故なら、言うまでもなく、姉と妹は別人格で性格も考え方も趣味嗜好も全く違う。

姉に合っているからといって、妹にそのままそれが通用するとは限らない。

 

晴れて小学校と縁を切り、新しい自分として「中学デビュー」をしようとしている妹に

何をしていても、姉の影がつきまとうだろう。

 

「あの子の妹ね」

周囲には悪気は全くないが、そういうレッテルが貼られた状態でのスタートになる。

 

ある年に厳しいお嬢様学校で有名な中学に入学した子がいた。

 

母親に聞くと、姉が通っているので「安心!」と言っていた。

まあ、母から見れば、いろんな点でめんどうがなくて「楽」だとは思う。

 

その子の性格を知っていた私は「大丈夫かな?」とは思ったが、よその家の教育方針にまでは踏み込めない。

 

時々、その子に会うときに「どう?楽しんでる?」と聞くが、表情が冴えない。

 

あるとき、その子はこんなことを言い出した。

「学校に友だち、ひとりもいないんですよ」

 

「え?でも、部活やってるじゃん?」と私。

 

その子はかぶりを振りながら「全然。メアドとかも誰にも知らせてないし」と

乾いた微笑みを浮かべながら、そう答えた。

 

それから、学年も上がってしばらく経ったころにはこんなことを言っていた。

 

「学校では仮面をつけてるんです。誰も本当の私を知らない・・・」

 

ああ、そうだよなぁ。

繊細な子はそうやって防御していくしかないよなぁ・・・と抱きしめてあげることしか

出来なかった。

 

周囲に合わせることも難なくやれてしまうから余計だよな。

 

「ここじゃないんだよー!!」って突っ走られれば、どんなにか楽なのにね。

生きづらさがドンドン増すばかりだね。

 

その子のお母さんに遠まわしに言ってみたことがあるが「どうしてそんなこと言うの?

学校にも休まずに行ってるじゃない?私にどうしろと?」と返された。

 

結局、彼女は「ここで6年間仮面を被って生きた振りをしたならば、自動的に一流大学が

付いて来る。私、そういうところだけはわかっているんです」と言いながら卒業した。

 

6年間、一番、責任のない6年間を「私でない私」で過ごしていてよかったのかな?と

思う。

もっと本気で泣いたり、怒ったり、笑ったりしていい年頃だったんじゃないのかな?

 

もし、今「我が子が我がままで扱いにくい」と悩んでいる母がいたら、それはむしろ歓迎すべきことなのだ。

 

母が長女の場合、この気持ちはわかりにくいと思う。

 

姉と同時に買ってもらったお揃いの服。姉がその服から卒業しても、尚、延々と同じデザイン、同じ色の服を着続ける妹の気持ち。

 

服も学校も、姉とのお揃いではなく、その子に似合っているものにしてほしいなって
思う私。

 

いろんなことに気が回るから、親に直接、文句を言って困らせる子は少ないだろう。

「私でない私」を演じられる器用さが哀しい。

 

仮面をつけて学校に行くのはあまりに可哀想だと思っている。




 

コメント

  1. りんこさん、こんにちは。
    自分の昔を思い出しながら読んでいました。

    母の決めた道を歩き、45年以上前では珍しかった中受も経験。
    受験校を見学すらしたことないまま「落ちても、聞こえがいい学校」を受験。
    そのうち1校に合格を頂きましたが、私には合いませんでした。
    それなりには楽しかったんですけど。。

    深海魚の中の深海魚を経験し、高校は外部受験をして外に出ました。
    そこはもっと合いませんでしたが(笑)

    大学は家を出るため地方へ。。
    そして忘れもしないこと・・
    雪多い地方だったため、コートが欲しいと伝えたら、
    「○○ちゃんが着なくなったブルゾンをあげるからそれで我慢しなさい。○○ちゃんには革のコートを買ったから、それはもういらないから」
    と。。。。。。。。

    ショックでした。。だって、○○ちゃんは中1の妹なのですから・・・・

    今でも仮面をかぶっていてどこに本当の自分があるのかわからない私です。

    でも決して暗いわけじゃなく、反抗期中2のサル男を適当にいなしながら楽しい私立母生活を送っております(^-^)
    りんこさんもおっしゃっている通り、がっつり四つに組むのはだめだと思っているので
    笑いで返す策を練っては、一人でウシシ・・とニヤついているキモイおばちゃんです。

    ↑のお嬢さんも、きっときっと素敵な未来が待っていますよ。
    苦労をした分、良いことがある!っていつも思って生きています。

    返信削除
  2. みーこちゃん
    子どもの頃の仮面はきついんですが、大人になると
    複数の仮面を準備して、都度、付け替える暮らしも悪くないかなって
    思います。

    ただ、大人だから適当に折り合いを付けられるけど
    子ども時代の自分は可愛そうだったなって思ったりしますし

    私は親の地雷を踏まないようにするのが精一杯だったので
    それを思うと毒母をよく介護していると自分でも感心します。

    中2の息子さんが地雷を踏む暮らしでなかったことを
    心の中でほこりに思って威張っちゃってくださいね。

    仮面少女の未来はわかりませんが、私のように50代で
    迷いがないようにと願うばかりです。

    返信削除
  3. 私は姉妹ではないですが
    兄弟を同じ学校に入れたかった、母です。
    男の子はあんまり何も考えていないというか
    「にいにいと同じ学校に行くんだ」(←小2当時から考えは変わらなかった)
    と、同じ学校に行くことそのものが目標になっていました。
    行かせたかったし、行ってほしかったし、
    二人目の時は正直一人目の時のように学校めぐりもしませんでした。
    でも、落ちちゃいました。
    お兄ちゃんの学校の保護者会に行くたびに
    なんだよ~もう一人くらい入れてくれてもよかったのに~という
    気持ちがこみ上げてきて、
    二人目受験もうまく入った同じクラスの母の前で
    笑いながら「うちはダメだったよ~」というのも
    正直きつくて、3月・4月の保護者会、いまのところまだ穏やかな気持ちに
    なれないのが本音ですが。
    でも、弟のこと、りんこさんが
    「兄のコピーじゃない」「別の学校でよかった」って言ってくださって、
    あ、そうかと。
    結構、親は見えないですよ、見えなくなっちゃってますよ、兄弟の関係って。
    わたし、長女でしたし、下の子の思いってわかっていないのかもしれません。
    いま、弟君は、新たな学校で友達まだ一人しかいなくて、うまくやっていけるのか不安な状況です。部活の仮入部もしてこないし。
    手も出したいし、口も出したいし、「お兄ちゃんのいない学校」で
    やりたいこと見つけてくれるか心配です。でも、
    お兄ちゃんの学校に行っちゃったら、部活もお兄ちゃんの部活に入って
    自分で何にも決めないで、ってなっちゃったかもしれません。
    悩め!模索しろ~って、失敗してもいいからやってみ!って思うようにしてます。
    入学式も、二つの学校でまったくカラーが違って、私も楽しんでます。
    弟は付属校に入ったので、兄は
    「弟の大学よりは上の大学に行かなくてはならぬ~」
    と英語の学習にも気合が入り、(結果が出ることを祈る!)
    でも、二人で最寄駅で待ち合わせして土曜日ランチ食べてきたりして、
    兄弟っていいなあって思えるエピソードも4月にさっそく作ってくれました。
    同じじゃないけど、世界でたった二人の兄弟、
    二人でたくさんの経験できるように、
    違う学校でいいんだ、と思って、送り出してます。

    特に埼玉県は私立受験するこの方がずっと少ないので、
    学校選びの時に「兄弟同じで」って考える母は少なくないと思います。
    私は結果論でしたが、やっぱり二人目の時にも
    学校との相性なんかも考えながら、受験考えたほうがよかったと思いました。
    弟は、過度のプレッシャーから、1月から小学校でたくさんの問題行動があり、
    学校に呼び出されたりして、私もいっぱいいっぱいでした。
    小学校の先生の前で泣いて、なんであんなにやさしい子が問題起こす?
    受験がいけなかったの?ってなってましたが、
    本当にもっているいいところを、伸ばせる学校って、
    弟君にとってはやっぱり付属校だなあと。過度のプレッシャーがなく、
    一生懸命きめられたことをやる、っていうほうがあってるなあと。
    いまは、とっても落ち着いています。

    長文、失礼いたしました。二人目受験のお母さま方、どうか、がんばって。
    兄を目標とするも良しです、でも、すべてじゃないって思えますよう。



    返信削除

コメントを投稿