彼女が出来そうもない男子の母は


 自分の周りの狭い範囲での話なので断定は出来ない。

出来ないが「彼氏がいない女子」よりも高確率で存在するのが

「彼女がいない男子」である。
 



大学生の母たちはめっちゃ心配している。

「このまま誰にも相手にされずにひとりでいるのでは疑惑」が

ドンドン膨れ上がっているのだ。

 

年頃の男女比が中国のように男子の方が圧倒的に多いという

話は聞かないのに「年齢=彼女いない歴」の子を探すに苦はない。

 

我が街の我が通りは現在、高校生母が主流になりつつあるが

その母たちと井戸端話をしているとこんな話になった。

 

「あ〜、冬になる!→寒い→起きられない→弁当作りが嫌!!

→早く高校、終われ!」

 

ってな展開である。

 

「あれ?その話、夏にも聞いた!」とアタシが言うと

 

つまり「弁当作り」が嫌だということが判明した。

 

それで心底、高校卒業を心待ちにしているそうな。

 

そこで、底意地の大変およろしいアタシが教えて差し上げた。

 

「でもさー、ウチのトメは息子(次男)のお弁当を今も毎日、作ってるよ!

そーなの、そーなの。お弁当を毎日、作り続けて40年!

80になっても解放されてないよ〜!(喜)」
 

周囲が凍り付いた。
 

「え?やだ!今、未来が見えた気がした!!絶対、やだ!」

と高校生母。

 
「うちもだよー!絶対、結婚なんか出来そうもないもん!」と

同じく高校生母。

 
「一生、息子の弁当を作り続けるなんて地獄だ・・・」と一同。
 

「りんこ、どうする?アタシたち、80になって朝、道路を

ほうきで掃きながら、会社に出かける子たちを見て『行ってらっしゃい。

まあまあ、○○さんの家の坊やはこんなに大きくなって〜』って

言ってる相手が50過ぎのオッサンだったら!?」
 

と大学生母。
 

誰もこっから出て行かんのかいっ!?
 

全員が震え上がる。
 

80になっても、きっとこの通りのオバサンは皆な元気だとは

思うが、全員が息子のお弁当を作っている画など想像したくない。

 
少子高齢化問題はこんなちっぽけな通りでも深刻なのだ。

 

 

 

 

 

コメント