夫婦別姓問題がふりかかる問題



 最高裁で夫婦別姓を認めないという民法の規定が「合憲」との司法判断が出た。

 
 


 
アタシはどうしても継がなければいけないという家に生まれたわけでも、嫁いだわけでも

ないせいか、どうして苗字にこれほどまでに拘れるのかが逆にわからない。

 

言ってみれば苗字は記号くらいにしか思っていないのである。

(お姑(トメ)にはマジ切れされそうだが・・・)

 

アタシは今、戸籍上の苗字で呼ばれても普通に返事をするし、
 
老人ホームで旧姓(母の苗字だね)で呼ばれても普通に「はい」と

言うし、もちろん仕事上で「鳥居さん」と呼んでくださる場合にも普通に「はい」と

言い、多分、これは多分だが「福山さん」と呼ばれたとしても、
 
自分を指しているんだなと察知したならば、ごく自然に
 
「はい」と感じ良く応対できる自信がある。

(いいじゃん、妄想くらいしたって!)


つまり、どう呼ばれようが、アタシはアタシだし、アタシ以上でも以下でもなく

それを他の方々がどう表現しようとも、ものすごい悲しみは湧いてこない。

 

アタシは子どもが生まれて以来、上の子の名まえを取って「○君ママ」という

呼び名で呼ばれたり、下の子の名まえを取っての「○ちゃんママ」と呼ばれる

ことの方が苗字で呼ばれるよりも多かったと思うが、それが「自分がなくなる」という

悲しみに繋がったことはない。

 

要するに「記号」なので、わかれば問題ないというか、そこにアイデンティティーを

絡めにくかった。そこまで苗字に対して何の期待もしていないのだ。

 

要は墓守としては最も適していない人種になる。

(アタシの頭の中にはアタシの超可愛い息子が苦しまないように、アタシの代で

どう墓じまいをしようか問題が渦巻いているほどなのだ)

 

お姑(トメ)は今の苗字が旧姓でもあったそうで、たまたま、そうなってしまった

のだろうが、代り映えしなかったことをちょっと嘆いていた。

 

それを聞いた時には「可愛い乙女心」(学生時代、好きな人の苗字に自分の名まえを

くっつけて遊んだ、少女の誰もが持つ記憶)を想像して微笑ましかった。

 

最近、知り合った方が、例えるならば「子安安子」みたいなお名まえで、感動して

「親御さんが狙って付けた名まえ」か「結婚したらこうなった」のかを聞いてみた。

 

答えは後者で「おおーーー!!??これぞ運命!!」と勝手に喜んだ。

 

アタシは異常に回文が好きなので、名まえでこういうものを見つけると

興奮が隠せない。

 

「こいけけいこ」さんとか「やまだまや」さんとかはメチャ、テンション上がる。

 

また最近、アタシが利用している美容院の兄ちゃんが結婚して、お嫁さんの苗字を

選択したが、当然だがアタシに不都合は全然ない。

その兄ちゃんが旧姓で呼ばれても、新姓で呼ばれても普通に返事をするからだ。

 

アタシにはこういうこだわりしかないために、苗字にこだわりがあるという

主張がイマイチわからないのだが、それが女性蔑視とどう関係するんだろうか?

(男性の苗字しか名乗ってはいけないという法律ならばわかるんだが、どっちでも

好きな方でいいよって民法は謳っている)

 

と思ったら、ひとつだけ「大不都合」を発見した。

 

母関係の書類は山のようにあるのだが、このお役所系やら金融機関の書類には

頭を抱えている。

 

母とアタシが親子であると証明する公的書類がないのだ。

 

最近は母が小株主になっているために送られてくる「株主総会へのご案内状」なんて

ものをアタシの家に送って欲しいというお願いが却下された。

 

そりゃそうだな。他人の家かもしれない苗字が違う家に金融機関が郵送するわけが

ないのだ。

 

老人ホームに送ってもらっても良いと言えば良いが、(大勢の人の郵便が来るために)

管理に若干の不安があるので、できれば、少額とはいえ金目系はウチに直接

送ってもらいたかったのだが、これが難航を極めるとは思わなかった。

 

結局、ものすごく揉めて、本店にまで連絡が行き、母とアタシの戸籍謄本を取って

(戸籍謄本は違う場所だが両方とも超ド田舎にある)、その他、こまごまとした

書類を付けて、やっと親子の確認をされた次第で二度とやるか!とブチ切れた。

 

もうアタシは途中で「もう、この人とは親子ではないので、書類をアタシの元に

送って来るのも、めんどうを看させようとするのもやめてください!」

宣言をしようかと思ったくらいだ。

 

そのときにアメリカ方式がいいかもしれないとは思った。

 

つまり新姓・旧姓・名まえの順で表記するのだ。

 

アタシが「ブラウン・スミス・りんこ」ってことだったら

母は「スミス・ジョンソン・アリス」みたいになる。

 

これだと最終的には寿限無みたいになるのだろうか?

 

目下の悩みは、最近は年を取ってきたせいか、その美容院の兄ちゃんの新姓が中々

出てこず、記憶力の低下を思い知ってはブルーになることだけが唯一、問題なんであるが

アメリカ方式は問題を加速化するだけかもしれない。

 

苗字。たかが苗字、されど苗字。何とも、恐ろしい。
 
 
 
 
 
 

コメント

  1. りんこさま
    こんばんは。
    そのね、書類が大変なんですよ。なんで女性だけがこんなに手続き変更させられる?いくら選択できるといったって、女性側の姓を名乗る人などごくわずかなのでまず、男性側の親族の理解が得られませんから、そんなに主張する能力なかったら諦めざるを得ないのです。男性に都合よくできているのですよ。
    私も若い頃は好きな人と同じ名字になれることを妄想するようなおめでたい娘でした。
    今や三人に一人が離婚。娘の世代では二人に一人が離婚となると言われているでしょ。この時すごく悩むのです。こどもの名字を変えるのは忍びない。でも相手方に「俺の姓など名乗るな!」と言われたりすることもあるのですよ。あるいは女性側の方から「同じ名字なんて名乗りたくない!」となることもあるのですよ。
    私も長く生きてきたので自分だけでなく周囲の修羅場も見てきました。この時悩むのは女性がほとんど。そういうのを見てきた若者が結婚に怖じ気づくのもわかります。
    離婚率を書いたけど子どもの世代は二人に一人は結婚しないとも言われています。だって失敗したら待ってるのは自己責任論ですし、その失敗をたくさん見てきた世代なんですから。
    だからね、夫婦別姓でいいんじゃないかと思うのです。失敗を恐れないためにも。負担や傷つく割合も平等にいきたいですね。
    若くて幸せな頃にはこんなこと考えませんでした。
    個人的には夫婦同姓って家制度そのものって思いますね。でもまあ、主張するのも面倒ですから。賢い人たちで論議してよと人任せに見ていたら最高裁の判決にガーン。なんだ、やっぱり日本の結婚って家制度のままなんだなあ、変わらないんだと。
    うまく言葉にできないけどアイデンティティーを傷つけられるという意味が今ごろになって感覚として理解できるようになりました。そこに至るまでにいっぱい自分も周囲も傷ついてきたから。
    理解してくれる人が増えたらいいなあと思いながら何もできずにいます。

    返信削除
    返信
    1. ももんがちゃん、そっか、そういうこともあるんだね〜〜
      教えてくれてありがとね。
      難しいね〜〜
      確かに書類の手続きはメチャめんどいわね〜〜
      私のように完璧、記号派が増えたら、どっちでも良くね?ってなって、同姓だか、別姓だかを気にもしなくなるかもだけど、時間かかるね、きっと。

      削除
  2. 私も記号派ですが、何かと嫌なことがあったため、変な時期に旧姓に戻しました。
    すると墓守とか、何気に親の面倒のイメージが強くなってしまって、失敗したと後悔してます。
    私も墓じまい、気になります。

    返信削除

コメントを投稿