老人ホームは本当にありがたい


 今日は母の居る老人ホームでの一足早いクリスマス会でした。
 
             ↑トナカイと巨乳のサンタさん    
 



施設長をはじめとしたスタッフの方々が全員、コスプレをしてご入居様である

ご老人を楽しませようと、それはもう大変な努力をなさっておられることがわかって

途中で泣けて参ります。

 

介護業界におられるスタッフの方々というのは常日頃、漫談をやっている

アタシとは人種が違うので、普段はとても控えめな性格の方が多いんです。

 

多分、人前で踊ったり、歌ったりというのは苦手な分野だろうなぁって

いうことが予想されるわけですが「お仕事スイッチ」が入るんですよね。
 
           ↑   ケアマネズの生演奏付き 

 

母の居室担当のウッチー(40代♂)は母が転倒するたびに

ものすごく申し訳なさそうに「もうしわけございませ〜〜〜ん!!

お母さまが転ばれまして〜〜、本当に目が行き届かず〜〜」と

蚊の鳴くような声で謝ってくださるのですが(注:そういう転ぶ病気です)

普段はとても真面目で誠実で冗談も言うような方ではないんです。

 

その人が祭り系となると、実力を出されて、盛り上げ役に徹してくれることがね

ありがたいなぁって思います。

 

瞬間、誰だろう?って二度見しながら、爆笑しておりました、アタシ。
 
             ↑ お掃除スタッフも生歌披露

 

ケアマネ(30代後半♂)の女装姿も足が綺麗でびっくりしたんですが

20代の青年が巨乳になって現れて(意外と美人になっている)、スター錦野の

「空に太陽がある限り」などを熱唱してくれるんですよね。

 

世代的には絶対に知らないであろう歌が次々と出るもので

練習したんだろうなぁって、夜勤もいっぱいこなしているのに頑張って

くれたんだなぁって思うから、泣けちゃうんですよね〜。

 

なので、アタシも「♪愛してる〜」のコールのときは、メチャ声を張って

「♪愛してる〜」を連呼しておりました。

 

母が「アンタが一番、楽しんでたわね」と冷たく言い放ったのですが

 

ここに入居するまでの苦難の道を思い出し、スタッフとの良い関係を

作るべく日々、努力しての今があるアタシには感慨深いものがあるんですよ。

 

あなたがただここに非情な娘によって押し込まれた「世界で一番可哀想な私」と

思っていてもね。

 

今日は3時のおやつにケーキが出たのでスタッフさんに「ご一緒にいかがですか?」

と言われ、入居者のお婆さんたちやら、手すきのスタッフさんやら、ナースやら

家族仲間のおばちゃんと一緒にテーブルについて紅茶をご馳走になってきましたが、

こういうアットホームな時がもっと持てるといいんでしょうね〜。

 

マンモと胃カメラはどっちが嫌か?みたいな話題でも、そういう何気ない

日常会話が何よりもご馳走なんでしょうかね〜。

 

毎日来ている、その家族仲間さんはお母さまとの意思の疎通は叶わないのですが

それでも毎日、来ている理由を「今日が最後になるかもしれないから」と

笑っていました。

 

「今日が最後になる」気など全く感じないアタシは「ヤバイ、アタシ、相当、

疲れている」と思ってはおりますが、こういうホーム側の努力をダイレクトに

感じると「ありがたい」ので、もう少し、がんばってみようって思うのであります。

 

介護業界の賃金やら待遇やらは本気で現場のスタッフさんから上げて

いかないといけないと、この献身を見てつくづく感じます。

 

アタシも微力ながら、待遇改善を目指してどうにか発信していくべく

努力したいと思います。






 

コメント

  1. 初めまして!
    中学受験ではりんこさんに助けられ、母を11月からホームで見てもらってる関西のオバちゃんです。
    母のホームは25日がクリスマス会です。
    息子高1(反抗期終了)を連れて参加してきます。
    私はトナカイ、息子はサンタの格好で参加してきます(ここは関西!)。
    私達2人だけなら…とちょっと考えなくはないですが(笑)。
    最初ホームに行くのを嫌がってた息子。
    面会者がいない、息子が行くだけで皆が喜んでくれるのを体感して一緒に来てくれるようになりました(息子に感謝)。
    りんこさんのブログですが一言言わせて下さい!
    面会もこないのに文句言うな!
    あ~すっきり。
    初コメントで失礼しました。
    ブログ楽しみにしています♪。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      優しい息子さんで、自慢できますね〜〜(≧∇≦)
      ホームに来ない人ほど、文句を言うのはなんでなんでしょうね。
      もう、色々、腹立ちますわ〜〜

      削除
  2. 毎回楽しく拝見しております。まだ介護は経験していませんが、私の母は、旅行などの楽しい予定を沢山こなした後、必ず風邪を引き、看病させられるこちらは堪りません。もし、見てみぬ振りをしたら、親不孝となります。私達の世代は親との距離なんて考えませんでした。それこそ親不孝です。風邪が治ったら温泉に行きたい、6000円のランチが食べたいと言い放たれると複雑になります。これで更に介護かよ…。介護ロボット、早く発売されないかな。この発想が親不孝ですかね。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さんのお母さまもウチの母と同じ種族ですね?(笑)
      段々ね、進化して来て、娘が楽しそうな(こっちは仕事なんだけどね)ことをしているなと思った瞬間、そうはさせるか!とやっているごとくに
      着信の嵐になったりしますよ〜。
      旅行におひとりで行くことがお出来になるなら、なるべくお友だちと
      どうぞ~!って言って、逃げた方が良いと思います。
      介護状態が発生すると、お友だちとは行けないので
      必然的に娘がその役割を全部やらされます〜。
      もう親不孝認定でいいから、解放されたい一心のアタシよりも
      ずっと親孝行ですよ!!

      削除

コメントを投稿