中学受験は子育ての大きな節目


 2月1日、東京、神奈川の中学受験入試の願書出願も始まっていますが

母たち、緊張感でこわばってないですか?
 
 
 


今はネット出願もあるけど、出願も緊張しますよね。

 

大安吉日に正座で書くという人も、毎年、結構な割合でいますね〜。

 

氏名の欄に間違って父親の名まえを書いて出願したために「死んで詫びる」と

大泣きした母もいたし、記入ミスした項目に二重線&訂正印を押したものの

どうにも落ち着かず、相談してきた母もいるし

 

出願だけでこの騒ぎだからね。

もう今から緊張マックスで眠れない日々でしょう。

 

自分が生まれてきてから、こんなに緊張したこともなかったんでは?という

経験を母がするのが中学受験なのでね、苦しいんですけど、ここを乗り越えないとね。

 

12歳で本来ならばやらなくていい道なき道に歩みを進めた私たちなのでね

常に「この道でよかったのかな?」とか「本当に大事なことを置き去りにしたのかも?」

っていう疑念を払しょく出来ない母もいっぱいいると思うんですよ。

 

でもね、もうやるしかないし、行くしかないんで、後悔のないように

全力を出せる状況をどうしても作らないといけないんですよね。

 

合否が出ていない今だから言えますが、受験の何を最重要視するかを

よっく考えて、行動してくださいね。

 

アタシは中学受験は子育ての大きな節目だと思っていて、これが干支1巡目の

最終章になると思っています。

 

干支2巡目の最後には、何がどうなっていようと子どもを自分の手元から

無理やりにでも離して、独立させなければならない。

それが生き物としての母の努めだと思うわけです。

 

それを見越しながらの、子育てなんですが、干支1巡目が終わるときまでに

社会生活を営んでいけるだけの躾けやら、常識やら、体力やら、知識の土台を

子ども自身への贈り物として、我が子に懸命に与えなければいけないんですが

 

これが丁度、中学受験とぶつかっているので、子育て1巡目の卒業としては

最高のステージに立っていると思っているんです。

 

人生に必要な頑張る力、継続して努力出来ること、目標を持つことの大切さ、

「わかった!」という瞬間に感じる喜び、それらが膨大な知識の習得と合わせて

培うことができた受験道なので、この選択は我が子に素晴らしいギフトを

与えていると信じてください。

 

そして、私たちは干支2巡目が終わるときまでに、彼ら自身が自分の価値観で自由に

生きて行けるように、目をかけながらも、徐々に手を放すということを

していかないといけないわけです。

 

その2巡目のスタートに立っているとも言えるのが中学受験です。

 

是非、母自身が逃げないでください。

 

塾からもしかしたら「こっちに美味しい道があるよ」と薦められて

恐怖のあまり、当初の目標を忘れている母もいることでしょう。

 

合格切符は確かに重要なもので、それを得ることを目標にするのですが

でも、それ以上に欲しい力があります。

 

「頑張り抜く」ってことです。

決めた「目標」に全力でぶつかれるという幸せを感じて下さい。

 

世の中は正義が勝つともわからず、もっと言えば何が正義かもわかりません。

 

でも、中学受験だけは点数至上主義を貫いているケースが大多数で

とても単純で明快なものです。

 

「フェアな戦い」に身を置いて、挑戦できる機会は人生、そんなに多くはないです。

 

 

お子さん自身が「ここに行きたい!」と決めて努力してきた、お子さんの人生

から見たら、四分の一もの長い時間を、今一度、愛おしく振り返りながら

「決して最後まで諦めない。伴走する!」とこころに誓って

 

考えられる母が出来ることすべてをひとつひとつ、確実に実行していってください。

 

1月受験に惨敗された方もいるでしょう。

でも、まだ10日あります。

 

やれることは沢山あるはずです。

 

必要以上に怖がることなく、目標を受けもしない内から諦めることなく

マックス以上の力が出せることを信じて、お子さんを支えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. ありがとうございます!!今まさしく渦中におります。ネット出願なんですが、今日は仏滅なので、明日出願しようかと思ってた母です。
    今月の生理が大幅に狂い、12年ぶりに婦人科通いをしてまで中学受験。公立組からみたら
    イカれてますよね。本人はのほほんとしてるように見えます。信じた道を進むのは、母だけが苦しいです。

    返信削除
    返信
    1. 婦人科通いはお年頃なので、むしろ行った方が安心だよ。
      信じた道がどこに繋がっているのかがわかってないから
      不安で仕方ないけど、でも、もうやるしかない!
      笑顔の報告、待ってるよ。

      削除
  2. りんこさんのメッセージがしみます…。
    12月の決起集会で元気玉頂いたのに、1月惨敗(含む第一志望)、まともな状態で2月を迎えられそうにありません。比べてはいけないとわかってても、同じような偏差値だったのに、同じ学校に合格している友人達をみると、娘の何がいけなかったのかと考えてしまいます。考えても仕方ないってわかってるんですが…
    娘もドン底だし、夫は連日飲み会だし、仕事はあるしで、かなりの危機状態ですが、りんこさんの本読み返して、落ち着きを取り戻せるよう頑張ります。

    返信削除
    返信
    1. まともな状況でいれたら中学受験母ではないんだから(笑)
      気が狂ってナンボなんでね、立っていられない恐怖を感じてくださいね。一生できない経験よ!
      考えられるすべてのことをやり尽して、頑張り抜くんだよ!

      削除
  3. りんこさん、12月は決起集会を開いて頂きありがとうございました。
    試験日は近付くのに娘は相変わらず勉強しなくてビックリぽんです。
    そんな姿を見ては、ネガティブな事ばかり考えてしまいます。
    私の中の魔物も巨大化しています(笑)
    でも、もうあと10日!マックス以上の力が出ることを信じて後少し気張ります!

    返信削除
    返信
    1. 12月は来てくださってありがとう!
      本番中に伸びるのも中学受験なので、とにかく最後まで
      絶対に諦めないこと。
      合格を掴みに行っておいでね!

      削除
  4. 緊張している自覚がなく、意外と通常モード?と思っていましたが、
    ふと我に返ると、五年生までに思っていたことをすっかり忘れている自分に気づき、
    ああこういう形での緊張もあるのかー!と気づいたところです。

    神頼みに走るかと思っていたけど、気づいた時には既にその時間も惜しい頃だったり、
    受験料の入金も、日を選ぶどころか、勢いで入金してから気づいたり、
    気合を入れて本人同伴で窓口出願したら、ネット出願は出遅れたり、
    願掛けに甘い物断ちしよう!と思っていたのに気づいたら入試10日前・・・
    小さなことですが、ああ私テンパってる!と思う出来事が続いています。
    でも、そんな状態も嫌いじゃないかも?(笑)
    胃はずっと痛いし、不正出血は止まらないし、要介護母は余計な仕事を言いつけてくるし、嫌な夢はみるし、身も心もボロボロですが、
    あと少し、全力で伴走し続けたいと思います。

    頑張ってる子ども達とその母に明るい未来が待っていますように・・・。

    返信削除
    返信
    1. 大丈夫!
      身も心もズタボロになるけど、意外と復活するから!
      てんぱっていて普通なので、その様子に自分でノリ突っ込みして
      笑ってくださいね。
      笑顔の報告待ってるよ。

      削除
  5. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  6. すみません、同じ内容で再投稿です。こんな私がウェブ出願だなんて怖すぎる!出願後も間違いはないか、何度も調べてしまう小心者です…りんこさんが中学受験の記事をアップしてくれるのを待ってました!母自身が逃げないで、という言葉に心臓が止まりそうになりました。私のこと?!と。可能性が低い第一志望と第二志望、いろいろ考えると苦しくなるので私は当日、子供が底力を出してくれるのを祈るしかないですね。私も明るく頑張らねば!

    返信削除
    返信
    1. 毎年、恐怖のあまりネガティブになって結果、逃げる母が
      いるんですが、母が逃げてどうする!だよ。
      目標にぶつかっていくことが子どもへのギフトになる。
      祈りは絶大なパワーをもたらします。
      母が信じないで、誰が信じる?
      がんばって乗り越えろ!

      削除

コメントを投稿