SMAP騒動とDAIGO結婚とベッキーと(誠意の見せ方は生き方そのもの)


 お正月明けからスポーツ紙と週刊誌が気炎を吐いているので、興味津々に見ている。
 

SMAPに関してはどうにもモヤモヤが消えず「公開処刑」の言葉がピッタリくるし

謝罪ならば、事務所の代表が「支えてくださったファンを心配させた」経緯を含めて

ファンとSMAPで食べていて混乱している人たちに詫びるべきで、なんでキムタク以外の

メンバーが詫びないといけないのかも全く不可解としか言いようがない。

 

一般人、特にサラリーマンのお父さんには「恐怖感」しかなかったのではないだろうか。

国民的スター、しかも事務所を四半世紀もの長きに渡り支えてきたドル箱である

彼らであっても「商品」のひとつに過ぎず、会社のご意向に逆らったら「見せしめ」の

刑罰に処せられるという怖さだ。

 

なりゆきで「こっちの派閥」になることもあろうに、その派閥のトップがある日

突然、挫折。ドミノ倒し状態で派閥全員が干されるのは政界だけではなかろう。

自分がやらかしたわけではなくても、いかんともしがたい状況になるのは

ままあることなので、己の立ち位置確認をして溜息をつくお父さんもいたに違いない。

 

今回は夢を売っているはずのスターさまが言いたいことも言えず、更には

本心でもなさそうなことを言わねばならずという映像に涙したファンは多かろう。

 

泥をかぶるのは本来は裏方である会社のトップなのではないだろうか?

(もともと泥をかけあっていたのは会社の上層部みたいだし)

 

誰に対する何の謝罪かが不明なので、まるで社長と副社長に対する謝罪を強要

されたように捉えられたわけで、見ているこっちが気の毒になる残念なものだった。

 

ベッキーの会見もそうだ。

 

本当ならば、第一はゲスさんの糟糠の妻に向かって謝罪するべきだろうし

次には応援してくれているファンに向かっての謝罪だろうと思う。

 

どこをどう見てもスポンサーさまへの謝罪にしか見えず、ここが猛烈な反感を

買った一因になっていると思う。

 

「とりあえず、謝っとけ!」感が強い謝罪会見はマイナスになるんだなぁと

改めて感じた。

 

誠意を見せるための「会見」ならばSMAPもベッキーももっとファンに

そうなってしまった経緯がわかるように説明しなければモヤモヤだけが残ってしまう。

 

個人的にはベッキーは「妻ある人を好きになってしまったけど、もう気持ちが

止められない。すべてを失ってもいいから、この恋に生きたい」くらいの

意志表明をしたならば、芸能界でもまた違うステージで活躍できたんじゃないかなって

思うので、事務所の戦略ミスに見えてしまう。

 

「誠意」というものの見せ方は難しい。

 

ファンに対する「誠意」を見せると言って会見したDAIGOと北川景子ちゃんの

結婚だけはおめでたいことでもあるから当然だが

それにしても祝福ムード一杯の会見は珍しかったのではないだろうか。

 

とってもお似合いの二人で、幸せそうにしている人を見て、こっちまで笑顔に

なった稀有な例だったと思う。

 

DAIGOと言えば、玉川学園出身の言わずと知れたお坊ちゃまであるが

その人気のひとつに「育ちの良さ」が伝わってくることも大きいとみる。

 

「育ちがいい」というのは「嫌味がない」ってことなんだろうか。

 

何年か前に玉川学園に取材に行ったときに相手をしてくれた事務局のお姉さんは

たまたまDAIGOの長年の同級生ということだったが

彼のことを聞いた時に、そのお姉さんがこう言ったのを覚えている。

 

「ああ、内藤君ですね?彼はテレビと同じですよ。昔から裏表がないって言うか、

今の内藤君も昔のままです。気配りもまんまですね(笑)」

 

アタシはその時に昔話を思い出したのだ。

 

DAIGOのお爺ちゃんである竹下登さんが、確かまだ総理になる前だったと

思うが、総理になる前であっても政界の重要人物であるには違いないので

誰もが知る有名人だったわけだ。

 

その頃、アタシは企業OLとして「茶くみ」をしていたわけだが、経緯はめんどくさいので

省略するが、政財界の人をお招きしたパーティーの受付をやらされたことがある。

 

会場は一流ホテルとかではなく、とても狭い空間だったんだが

テレビでしか見たことがないお爺さんたちが一杯来ていたので

とにかく粗相がないように必死だった。

 

その時に竹下さんが受付嬢たちのところにわざわざいらして、声をかけてくださったのだ。

 

一語一句までは覚えていないが確か、こんなことを言われたような記憶がある。

 

「受付をやってくれてありがとうね。準備、大変だったでしょ?

(あなたたちの苦労のおかげで)楽しんでるよ。ご苦労さん」

 

ってな感じだった。

 

いやもう驚いた。

単なる受付にしか過ぎない小娘のところにわざわざいらして、礼を言ってくれる

政界のご重鎮がいるのか!?とびっくりしたのだ。

 

(ちなみに後にも先にも、竹下さん以外でこんな声をかけてくださった方はいない)

 

後で聞くに、竹下さんは人の悪口を言ったことがない方だったとか、上に対するという

よりも下に対する気配りの方がすごかったとかなので、ああ、素でそういう方なんだなぁと

理解したわけである。

 

お会いしたのは竹下さんにはその一瞬、DAIGOはテレビの画面越しだけなんだが

 

「誠実な人柄」というのは家系にも多分に影響されるんだなぁとこの度の会見を見て

改めて、そう感じた。

 

「誠意」というものは付け焼刃では作ることができないものなのかもしれない。

 

 

コメント

  1. りんこさん、いつも楽しみに読んでいます。
    私は、SMAPのファンではありませんが、改めてジャニーズの恐ろしさを知りました。キムタク以外独身ですし、物凄く管理されている感じがします。ベッキーは、最近痩せたなぁ…大丈夫かなぁと思っていました。ゲスさんみたいな芸術家肌の人に惹かれたのですかね。私も、息子がDAIGOみたいになってくれたらと思います。そう言えば、ゲスさんがオザケン(深津絵里と付き合っていた)に見えるのは私だけですかね?

    返信削除
    返信
    1. 匿名さま
      えー?オザケン、深津絵里と!?そっちにびっくり!!
      なんかね〜、ゲスさんはとんでもないよね。
      ベッキちゃんも好きになっちゃっただけなんだろうに、哀しいね。
      芸能界は大変なんだなぁって改めて感じました。

      削除
  2. 分かります。仕事してると誰でもミスしてしまう事があるけど、大事なのはその後で・・・指導係的な仕事をしてますが、謝り方一つで正直、見放したくなる人と、フォローしてあげたくなる人がいますもん。最終的にはやっぱり何事も人柄な気がします。そういえばうちの姉深海魚は結婚するならDAIGOみたいない人がいいと言ってます。「いいとこの子」って気がするそうです。お金持ちという意味だけではなくて。勉強はさっぱりでも男見る目はあるのね~と思うと将来への不安が少し軽減する気がします(笑)

    返信削除
    返信
    1. ま~坊ちゃん
      お姉さん、ひょっとして見る目あるのかも!?
      やっぱ、妻を大切にしてくれる人が一番な気がする。
      人柄って大きいよね。
      こういうニュースひとつひとつが勉強になるもんだね〜。

      削除
  3. 1月11日 LINEで 長男に、『DAIGOと同じ日に入籍だねおめでとう、DAIGOいい人そうだし良かったね~』と、ミーハーな母。
    長男から、『友だちかよ』との返信。
    友達じゃないけれど、良さそうな人ってわかるもの ヽ(^。^)ノ

    SMAPのライヴも3回程行ってます。ミーハーですから・・・
    あの会見、自由に辞められないって辛いだろうな~って思いました。
    そして、マネージャーが本当に育ての親で我が子の様に可愛かったら
    違う展開だったかもって思いました。

    返信削除
    返信
    1. mariko姉さん
      え?息子さん、結婚されたの?
      おめでとうございます!!
      ミーハー魂は素晴らしいことです!
      アタシも付いていきます!
      ジャニのライブ、行ったことないんだけど、デビューしたいものです。

      削除

コメントを投稿