発達障害グレイゾーンのお子さんをお持ちの母より


 発達障害のご相談も多く、母たちの悩みも大きいよなぁって思いを持っております。





なかなか「こうすれば全て解決!」ってことがないのですが、私にもし出来ることが

あるとするならば、同じように悩んでいる母は今、こんなことをやっていて、こんな

感じに暮らしているよって伝えることかなぁって気持ちです。

 

今日はKちゃんから「もし、今後りんこ様にどなたかから相談があって何かお力になれればと思うので」というご厚意に甘えて、Kちゃんの様子をアップさせて頂きます。

 

以下、Kちゃんのメールです。

Kちゃんは2月に中学受験を終えたばかりの現6年生母です。

日能研偏差値で言うところの60台の学校への繰り上げ合格が決定しています。

 

「娘は注意欠陥傾向があります。

でも、いわゆる発達障害にはならないそうです。

苦手な領域も平均を超えているから障害ではない、という説明でした。

(脳の得意分野と苦手分野の差が大きいというのは個性の範疇らしい)

 

注意欠陥が強いかも、と感じたのは4年生の終わりくらいでした。

そのことであれこれ考えているうちに、実母も私もこのタイプだったことにも気づきました(泣)

 

私が仕事をしながらこの子の苦手(=私の苦手)をこまめにフォローなんて無理だと思ったので、仕事は辞めました。

 

この3年弱、彼女の苦手を克服した訳ではありません。

そもそも克服なんてできませんし、(娘も私も)自分を知って折り合っていくものだと思っています。

 

ただ、完全放置にはならなかったから、なんとかこの結果におさまったとは思っています。

 

女の子の多動のない発達障害(傾向含む)はなかなか情報がないです。

2次障害を起こさないためにも早めに気づいてあげるのが大切なのに、娘の場合も公的機関の発達相談ではじかれてしまい、そこから理解のある小児科を探すのに時間がかかりました。

 

私の場合、塾から苦情(?)の電話がかかってきたり

テストの結果を見たりしていて気づきました。

 

ご存知のとおり、この学校に入れる程度の学力があれば

小学校の授業で苦労することはありません。

だからよほどのトラブルを起こさない限り

「勉強もできているしとくに問題ない」と言われてしまいます。

 

また、りんこさんがブログに書かれていたように

私立中はそう簡単に「発達障害受け入れます」とは言えない。

というより、むしろ言ってしまう学校はいろんな意味であやしいと思います(笑)

 

だから私もとにかく学校を見学しまくりました。(40校くらい)

私は5年で見学しましたが、もし可能であれば4年のうちに母親だけで見学して

一通り見ておくといいと思います。

最初はわからなくても、見ているうちに合う・合わないがなんとなくわかってきます。

 

たとえお子さんが女子校!と言っていても、共学も含めて見ておいてください。

(私はこれで共学校の見学に出遅れてしまい、少々失敗したと思っています)

 

娘に合いそうだと思った学校の中から、条件面で折り合いがつく学校をピックアップして

お子さんと一緒に見に行っていただきたいです。

 

私は自由な校風がいいと考えていましたが

「自由過ぎると、どうしていいかわからないので困ると思う。

ある程度規則がある学校のほうが悩まなくていい気がする。」

と娘に言われて、なるほどそういう考え方もあるのか、と思いました。

 

このように本人の好みも徐々に出てくるはずなので

ママのお眼鏡にかなった学校だけでなく、

子どもに見せてもいい(=通わせてもいい)学校という観点でも

フィルタリング&ストックしてあげてほしいです。

(ここに通いたい!と本人が言った後で「そこはちょっと…」とならないように)

 

このとき、学力(偏差値)で絞り込みすぎないほうがいいと思います。

6年で成績がどう動くかわからないところがありますし

そもそもそれを基準で決めてしまうと後々大変なことになる可能性もあるので

たくさんの学校を見学してきたわけですから、

とくに下の方向には幅を持たせておくことをおすすめします。

 

あと、これは私自身は見極める力がなかったのでできなかったことなのですが

もし可能であれば志望校決定前に過去問に目を通しておいて

塾の先生に相談されることもおすすめします。

(答えのみを求める学校の場合、計算ミスがあればゼロ点です)

 

娘の場合は志望校が記述式の学校ばかりで

本人も書くことができるタイプだったので

その点で苦労はなかったのですが

書くのが苦手なお子さんであれば志望校選定を含めて

早めに動かれたほうがいいと思います。

 

入学予定校は早い時期から娘を受け入れてくれる学校だと感じていました。

それで5年のうちに夫にも見てもらっておいた学校です。

そのような学校で娘が6年間過ごせるのは本当にありがたいです。

それでもついやっぱり…です(苦笑)

 

(りんこ注:繰り上げ合格のところよりも更に偏差値が高い学校が第一志望だったので

こうおっしゃっています)

 

娘が「空気を読む」とか「締め切りまでを逆算してコツコツ作業する」など

苦手分野と向き合っていくサポートはこれからだと思うので

「受験が終わった!よし、また働くぞ!」はほど遠い。

余談ですが私のモヤモヤはここにあることに気づきました。

娘の苦手(=自分の苦手)のために時間をかけなければならないことがさらに続くのか…って。

これも折り合っていくしかないってわかっているのですが。

 

長々と失礼いたしました」

 

という内容です。

 

発達障害と言っても、千差万別でひとくくりに出来ないのですが

 

もし症状が重くて、かなりの補助が入る方が良いなぁという場合は公立の方が

手厚いケースがいっぱいあります。

 

「私立」というものを「魔法の存在」としない方がいいです。

 

歓迎していない学校もたくさんあります。

 

もし他者にご迷惑をあまりおかけしないと判断する場合は中堅以下の大学付属校を視野に

入れてみてください。

 

もし、Kちゃんのように学力が高い場合は私立トップ校がいいです。

そこでは「そういう性質(たち)」としてほっといてくれるので、結果、楽になります。

 

いろんなパターンがあるので、これはこうで、それはこうでって言ってあげられないのですが、ただ言えることはKちゃんのように何かに漠然とした不安がある母は学校訪問は

肝の部分になるので、回れる限り回ってください。

 

回っている内に、いろんなものが見えて来て、我が子に合っているのか、行くことになってもかえって辛いのかがはっきりしてくると思います。

 

「なんで、アタシがこんな目に?もっと普通の子がよかったよ!」って

気持ちが何度も頭を過ぎると思いますが、中学受験の可能性があるのならば

ここでこそ「手をかける」時なんですよ〜。

 

この母の頑張りがやがて我が子が成長するときに、大きな花を咲かせることに

繋がりますので、ひとつの大きな山場と捉えて、踏ん張ってくださいね。

 

Kちゃん、経験談、ありがとうございました!

 

 

コメント

  1. 新6年生のわが子は騒いだりするなど人には迷惑は一切かけないのですが
    家庭での勉強は少しやると気が散ってすぐに休み時間
    またあまりにも毎回のテストでのケアレスミスが多く
    やはり時間の逆算が出来ない 忘れ物が多い・・・
    などで 注意障害っぽいなと思うようになりました。
    実力はとてもあると思うし 頑張って勉強しているのですが
    それを発揮することができず成績がどんどん下がってきました。

    某大手塾に通っていて その旨を思い切って伝えたのですが
    まったくわかってくれていない様子。
    中受をするような成績上位の子にはグレーゾーンの子って
    結構今までたくさんいたとおもうのですが まったくそれに対しての
    指導は確立されていないんだなあと厳しい現実を感じました。

    字が汚い この前も言ったのにまた間違えたの?
    と教科の先生だけではなく室長先生にも怒られてばかりらしく
    質問に行くのをやめてしまったそうです。
    私も いくら言っても線を引かない暗算してしまうなどが治らず 
    突然変な漢字を作って書いてしまったり あいうを123で答えたり等に
    ついイライラしてしまいます。
    これが息子の特性だったら努力してもそうなってしまうことで・・・・
    でも受験や塾としてはまずいこと。
    今更の転塾は厳しいのですが やはりグレーゾーンの子だと
    個々に対応してくれる個別や個人塾の方がよいのでしょうか。

    受験も当日の集中力でどうなるかわからないので 実力より
    かなり下の方を考えた方がいいのでしょうか。

    頑張っただけ伸びる というのが当てはまらないなんて
    本当に可哀想で虚しくなってしまいます。 
    受験しても全部ケアレスミスで落ちてしまうのでは?と
    日々不安と絶望感にさいなまれています。

    塾は上を目指せとばかりみんなを駆り立てます。
    提示された難関校はまったく興味がなく 塾にはすごく嫌がられて
    いるのを感じます。
    でも私は煙たがられようと自分の子に合った学校を探してそこを目指すというのを
    貫かなければいけない・・・ 

    みなさんの体験談をもっとお聞きできる場はあるでしょうか。
    しんどくて正直親子で心が壊れかけています。
    頑張らなくちゃ頑張らなくちゃ きっと先は今の小学校と違って
    楽しい毎日だって思うようにしているのに・・・・

    返信削除
  2. K様、匿名様に共感し、コメントさせていただきます。

    息子は現在某男子校の中2です。はじめにあまり期待をさせることは書いてませんので、あしからず。

    ありがちなパターンですが、息子は小学校生活も苦労したので、少しでも楽しく過ごせる学校を選ぶべく、学校見学、直接先生方へ「発達障がい対応されてますか?」の質問などなど、親としてできることはやり尽くすくらいしました。
    本人の苦手解消のために、本を読み、講演会へでかけ、カウンセラーに相談し…、発達障害がいについてはおそらくそこらの教員より知識ありと思っています。

    入学した学校にも、本人の特性について事前にお話しする機会をいただき、書字や運動面、また行動がマイペースすぎる点などいくつか配慮をしていただくポイントをお願いもしました。とにかくここでなんとかなって欲しいと祈るような気持ちで入れました。

    ただ入学後しばらくすると、一部のクラスメートの標的になり、「いじめ」状態になりました。

    いじめの問題について言及されている尾木ママによると「私学はいじめについてはろくろく研修もしていないから気をつけて」とおっしゃってますが、まさに対応できない私学でした。あげく一部の保護者の間で悪い噂まで流されたようです。

    退学も真剣に考えました。私自身としては安くはない授業料を払ってあの対応か…とクラス替えで落ち着いた今でもこじれた心のままです。

    昨年息子とも散々話し合い、息子がクラスはいやだけど部活は楽しいから、とりあえず学校続けると決め、とりあえず通学しています。受験校を決める際、最終的に本人に決めさせたのも、学校を続けるという選択に大きく影響しているかもしれません。親が誘導した学校ならきっと退学していたと思います。

    小学生の保護者の方で今から学校をさがされるようであれば、発達障がいの件と共に、いじめについても質問された方がいいと思います。「いじめ防止法による対策委員会等は設置されてますか?」と。文科の定めるすべての学校が対象の法律です。「私学は努力義務」とかのんきなことをいう学校はやめた方がいいかもしれません。HPにきちんと掲載している学校も多いので、そういう学校では「いじめがあった場合、どのような対応をされてますか?」も聞いてみてください。

    発達障がいといじめはどうしてもセットの問題になりやすいです。

    でも、友人のお子さんが通う私学は、きちんと対応されているようですし、探せばいろいろありますよ。

    障がいの度合いが強いなら、りんこさんのおっしゃるように公立がよいかもしれません。微妙な場合で学力がそこそこある場合ですよね、公立だと内申とれないので、高校受験の対策を相当ねらなければならないかもしれません。

    発達障がいの支援をするNPOの講演会に行くと、4月から発達障がい支援の法律も整うので、各学校は支援をやらねばならない状況だそうです。ただ現実は厳しいので、保護者は学校と戦ってくださいと言われました…。戦う必要があるらしいです…。

    優しいけどこむずかしくて、残念な子どもを授かったわけで、順風満帆な楽な子育てではありません。
    小学校の時から、発達障がいの広報活動をしている気分です。苦しい時が、正直多いです。

    ただ、息子も私たち夫婦もいろんなことを学び、世界は広がったと思います。きっと、将来は暗いことばかりではないと信じています。

    がんばりすぎずに、がんばりましょう♪

    共にたたかう母

    返信削除
  3. 共にたたかう母より匿名様へ追伸です。

    なんか暗いことばかりでしたね。気になったので連続コメントです。

    新6年の今頃、大手だと辛い時期ですね…。うちは面倒見のよい小規模塾で、先生方へも発達について説明し、配慮をお願いしました。まだ1年あります。

    あまりにも辛いなら転塾も検討されてみてはいかがでしょうか?簡単な話ではありませんが。春休みやゴールデンウィーク講習は大手の講習を抜いて、他の塾をお試しされてはどうでしょうか?

    あと、発達について検査や診断はうけていらっしゃいますか?うちも診断はつけ難いレベルだけど、得意不得意が激しいので傾向があると言われました。
    発達障がいについては検査結果などや診断結果をもとに先生方へ話をすすめた方が理解が得られやすいと思います。あとはこういうことが苦手なので大目にみてほしいと唖然とされても説明しきりましょう。

    うちも字の汚さは毎度あきれられていました。
    塾指定のノートでは罫線が細いので、マス目のあるノートや白紙ノートを認めていただきました。
    もっと理解があると判断できればスマホやタブレットで写真を撮らせてもらえると最高です(なかなかここまでは難しいですが)。
    試験の解答用紙には対応できると判断したので、塾の先生のご理解をいただきながら受験校の傾向と対策についても相談させていただきました。
    ↑このノートテイクについての配慮は中学、高校も必要かもしれません。もしかしたら大学も?

    あとお母様はお子さんのことで煮つまりすぎないように趣味などをされた方がメンタル平和に保てる気がします。私は短時間ですが、週に3、4日パートにでかけました。息子のことで煮つまらず、働いていてよかったとつくづく思います。

    またこうしてりんこさんを通してつながれるといいですね。

    返信削除
  4. 中1の発達しょうがいの男子を持つ母です。

    息子は勉強があまり好きではなかったため、公立中学に進学しました。
    授業妨害などはありませんでしたが、マイペースすぎるため、
    色々やらかし、成績はだいぶ凸凹です。

    内申を考えると私立受験させるべきだったかと
    今更後悔しています。でも私立受験が吉と出るか凶とでるかなんて
    分からないですから元気に通っているだけでも感謝しています。
    幸いなことに、個人経営の小規模塾で素晴らしい先生に出会い
    勉強は楽しくなってきたようです。
    学校より塾の先生のほうが子どもが好きで
    将来のことを誰よりも心配してくれることがある
    という現実があるのですね。

    ここまで親としては随分苦労しました。
    所属するボーイスカウトでは私もリーダーになり息子と一緒に
    頑張ってきました
    難しい子供で私がうつ状態だったこともありましたが
    感謝と奉仕の心をこの年で学び、彼の障がいは私の学びのチャンスだったと
    今となっては思います。

    中学受験と関係ない話ですいません(娘が中学を受験するのでこのサイトに
    たどり着きました)

    私立受験も一つの道ですし、公立中学でやっていくのも道です。
    苦労は絶対色々どちらにしてもあるのですが、
    前向きに頑張りたいです。
    私はいつも辛い時にアンパンマンの歌の歌詞を思い出すのですが、
    「くじけそうになったら良いことだけ良いことだけ思い出せ」これを
    自分に言い聞かせます。
    この言葉結構効きます。みなさんもぜひ!

    返信削除
  5. 発達しょうがいのことは私も何度も悩みました。
    いろいろなタイプがあり、まだ勉強中ですが、浅い知恵だとどれも当てはまるように思えて不安になります。小学校で勉強ができるとまず、先生方の理解が得られないですよね。勉強だけできてなんだとか言われますし。うちはうるさい活発過ぎるタイプだったので公立小学校ではひんしゅくものでした。
    友達のお子さんはトップ校へ行きました。二人くらいそういうお子さんが私の知っているだけでもいます。偏差値の高い学校には多いそうで先生方も慣れていらっしゃるようです。研究職につくよう、薦められているようです。東大には多いそうですね?
    娘が中学受験の頃には発達しょうがいについて、私の知識があまりありませんでした。今でも机上の知識です。うちの子は規則が守れないので自由度の高いところ、個性を大事にしてくれるところ、褒めて伸ばしてくれるところを考え、そうなるとやはり偏差値の高い学校なのですが、受験算数は苦手なようだったので、選ぶのに苦労しました。基本、共学を選び、ひとつだけ自由度の高そうな女子校を選びました。娘はそこの華やかな文化祭を見て、とても行きたがり、実際とても大切にしていただきました。
    発達検査を受けていないから私の直感のみです。
    娘の担任に相談したら「発達しょうがいかどうかは専門外なのでわかりません。でも好きなことはとことん頑張るのでそこを伸ばせばいいのでは」と言っていただきました。
    発達に凹凸があっても発達しないわけではありません。できることとできないことに差はありますが、達成感を持てると苦手なことも少しずつ取り組める、自分を客観視できるのでは、と思います。ちょっと昔ならただの個性と言われたことなのですが今はなんでも診断名がつきますね。
    大学も自由度の高いところを選び、これまたどうなるか考えすぎると胃が痛いです。すごく頑張りましたが記憶力良すぎて不安になったり💦
    規則の厳しい学校は個性を大切にしているとは言いがたいので気を付けてお選びください。
    もちろん、決まったとおりに行動した方が安心するお子さんもいるので、お子さんによりますよね。

    返信削除
  6. 4月から6年生になる息子を持つ母です。
    入学後の検査で発達の凹凸が大きく、注意欠陥の傾向があるとわかった息子のために仕事もせず、自分の時間をほぼ息子に割いています。
    うちは学力が特に高くもなく、私のサポートなしでは日常生活も勉強もおぼつきません。
    地方の田舎に住んでいますが、色々考えてたまたま近隣の市に一つだけある一貫校を目指しています。
    偏差値も倍率もそう高くはなく、もちろん入試問題は学校よりかなりレベルが高いことを要求されるものの、努力の甲斐もあって力をつけています。
    何よりも、本人がその学校に行きたがっています。

    ところが先日、とても信頼している現在の息子の担任に「息子君には○○高校があっていると思う」と言われました。
    その高校は地元(小さな市)の中では一応進学校で、でもこの辺りでも県内の中心都市まで通学する子が増えていて、ド田舎にあるが故に定員割れすることもある男子校です。主人の出身校でもあります。

    それを聞いて揺れました。
    今の息子の成績をキープすれば受かると思う。一般入試なら内申も一切関係ありません、と言われました。

    でも息子は一貫校に行きたくて頑張っています。
    雰囲気も良い、おっとりしたお子さんが多い一貫校ですが、実際は中に入ってみなくてはわかりません。

    どこに進んでも良いことも悪いこともあるだろう。
    悪いことが起これば、もう一つの道にすればよかったと思うこともあるだろう。
    今は息子の強い希望と、自分の直感を信じて受験目指して頑張るしかないな。
    数日考えて、そう腹をくくっています。

    こういう子はどこに行ってもいろんなリスクはあり、親の気苦労もまだまだ続くと覚悟もしました。

    同じような方がおられて心強いです。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿