ママ友づきあいの心得2016


 本日、若向きママの雑誌「Como」4月号(主婦の友社)が発売されました。
 
 

 
鳥居りんこは今月号の特集記事「ママ友づきあいの心得2016」に偉そうに

ご指南役として登場しております。

 

http://kurashinista.jp/articles/detail/18589 ←「Como ママ友づきあいの心得」

 

今のママたちは本当に可哀想な状態ですよね〜。

子育てにやさしくない国で「母親でしょ?」という有無も言わさないご印籠のたもと、

右も左もわからないのが当然なのに、24時間体制の育児をたったひとりで担わされているんですから、よく暴動が起きないものだと思いますよね。

 

その不安を解消するために頼る「ママ友」ですが、ここでも壮絶に斬られたりしてね、

傷つくこともいっぱいあると思うんですよね〜。

 

今月号ではりんこが辿った黒歴史と共に「近寄ると危険ママ」の取り扱い説明書と

ママ友づきあいで必須の格言を入れて、ママ友づきあいの秘策をご伝授しております。

 

「ママ友」で悩んでおられる方、或いはデビューに二の足を踏んでいる方、是非是非、

ご一読くださいませ。

 

特集記事の方は実際に書店等でご覧いただくとして、今日はこの記事のメーキングを

綴ってみたいと思います。

 

もう、私、今、嬉しくてたまんないんですが、ものすごく憧れている女性がいて

その人、平松昭子さんってお名まえなんですが、皆さんもきっと目にしたことが

あると思うくらいの超有名イラストレーターです。

 

その平松昭子さんが今回、この特集記事を受けてくださり、編集者さんから

「じゃーん!」って伺ったときはもう目を疑いましたね。

 

「ええーーーー!!!???マジでか!?ホントにホントに!?」って感じ。

 

おまけにですね、りんこの似顔絵を描いてくださったんですが、

これが似ても似つかない(笑)(上図参照)
 

絶世の美女に仕上がっている次第で、本人が一番「誰だよ、これ?」でした(笑)

 

(こうなった事情は、私は平松先生とお会いしたことがないんですよ。

これは平松先生が「アタシ(りんこ)が莫大な金(4万円!)を積んで作ったメーキャップアーティスト・タクミジュン先生の渾身の作品であるりんこの宣材写真(既にこの時点で本人とはかけ離れている)」をご覧になって、更に平松先生が気を遣って描いてくださったものだから、メチャ乖離しております(爆))

 

でも、本当に光栄&嬉しいことで、私はつくづく周りの方に支えられて

やっとのことで立っているんだなぁって痛感しました。

 

仕事をするときに、誰しもが感じると思うんですが、そのチームの息が合って

目指す方向が一致すると相乗効果で何倍も良い仕事が出来ますよね。

 

今回のチームは私は初対面だったんですがライターさんも編集者さんもすっごく

いい女でね、なんかね〜「いいもの作ろう!」っていうベクトルがピッタリ合ったように

感じています。

 

出来上がってきた原稿に目を通したときに「これ書いた人、神!」と思ったんですが

ライターさんのお名まえが本当に「神」さまだったんです(笑)

(神素子さんっていう実力派ライターさんですね)

 

そこから編集の方が肉付けって言うんですかね、イラストをこうしようと決めたり、読みやすいように工夫したりするんですが、ちゃんと家に帰れてるかなぁ?って時刻だったりするので、めっちゃ頑張ってくれてるんだなぁって感じて、何だろう、男気ならぬ女気を感じました。

 

丁寧にこころを込めて、手を抜かずに作ったものは出来上がりに喜びを感じられて

このチームでやらせて頂いて、本当にありがたいの一言です。

 

仕事上でもプライベートでも凹むことが多いのは、みんな、同じ条件だと思うんですが、

たまにご褒美みたいに嬉しいことが起こると「よっしゃ、また頑張ろう!」って思える

から不思議ですよね。

 

このチームで作り上げた作品、本屋さんでパラパラめくってくださると嬉しいです。

 

平松さんのイラストをご覧になって「ああ!この絵、知ってる!」って思われた方は

平松さんの暮らしぶりがわかるHPやブログもチェックしてみてください。

 

http://www.akikohiramatsu.com/ ←平松昭子さんHP

 

一緒にファンになりましょう!

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. りんこさんの宣伝写真って、マイナビさんのページに出したアレですか? 先日豊島岡x浅野のイベントに参加させていただいて、初めてりんこさんの本物にお目にかかりました。 それまで、あの写真のお顔のりんこさんしか知らない私にとっては、違うイメージで、このりんこさんは偽物?と一瞬思ったくらいです。でも、お話し始まったら、あ!ブログのとおりの口調だ、とわかりましたが、、。 ちなみに本物のりんこさんが好き!

    返信削除
    返信
    1. そうそう、宣材写真はマイナビの告知に載ってたやつね。
      あれ、超有名なメイクの先生の作品だから、出来上がった時点で
      あてくしではない別な女になっていた次第ですわね〜。
      皆さまも、何かの勝負のときにはこのスタジオでメイクしてから
      出かけてくださいね〜。
      きっと「誰?お会いしたことあります?」くらい変身できるよん。

      あ、生身のアタシが好きって無理やり言ってくれてありがとね(笑)
      次回あったら、ふくよかなこの腹で抱きしめてあげよう!(笑)

      削除

コメントを投稿

人気の投稿