トスカーナ熱海のお料理教室 再び~!


 「きちんとした大人になりましょう計画」を実行中の私。

おもてなし料理の手習いがマイブームになっているので

再び、熱海にある「トスカーナ」さんのかなえ先生の元に

出向きましたわよ~(喜)

 


 

↑萩原かなえ先生主宰のお料理教室「トスカーナ熱海」
 
 
 


ちなみに、かなえ先生は「料理で世界を旅する」と

いうことで、毎月、テーマを変えて、お料理教室を主宰

されています。

実はル・コルドンブルーご出身の凄い方なの

 

今回はですね、「きちんと和食でおもてなし」

*鮭とイクラのはらこ飯

*揚げない竜田揚げ

*けんちん汁

*カボチャのマドレーヌ
 
 
 
 

いや~、自分で言うのもなんですが、めっちゃ旨かった!!

 

特にけんちん汁とかは習わなくても、出来るんじゃね?くらいに

思っていたのですが、いや~、きちんと作るってすごいね。

 

かなえ先生が「精進料理なので、お野菜も命を頂戴いたしますと

いうことで、皮つき丸ごとで頂くんですよ~」

なんていう、私にとってはトリビア的なことをおっしゃり

ながらの講義になるんですね。

 

竜田揚げと唐揚げの違いとかね「へー!?そうなんだ。

竜田揚げって秋の食べ物なのね?(竜田川に浮かぶ紅葉に

見立てているんだって)」なんてことが聴けるんですよ~。

 

四季を感じながら、その季節の旬のものを感謝しながら

美味しくいただきましょうねってことが、このトスカーナの

お料理教室には満ちておるわけですね。

 

私は昨日も娘から

「お母さんはサラダの水切りもしないで、出してたよね」

と言われ「そのとおりです」と認めざるを得ないほど

 

「きちんと感」がなかったんですよね~(今もないけど)。

 

娘がバイト先でレタスをただちぎるという係になった時に

美味しくなるちぎり方とか、氷水で一旦、シャッキっとする

なんてことを教わってきたときは

 

「おー!?子どもというものはやはり社会が育てるのね~!?」

と思っていたんですが、肝心要のワタクシはいい年こいて

社会が育ててくれてないので、これから勉強するザマスね。

 

それでです。

 

かなえ先生のキッチンはどちらかと言えば、狭くて

シンクもガスコンロも新築住宅に付いているような

最新型モデルではないんですね。
 
 
 
                                   ↑ かなえ先生のキッチン
 

それでも、めっちゃ効率よく、魔法のように

次々と美味しく仕上がるという!

 

料理って、設備(道具)じゃないんかいっ!?って

ことが、ここで証明されている次第。
 
 
           ↑お顔もだけど、所作も美しい、かなえ先生 

 

いつも感心するのは、盛り付けですよね~。

 

テーブルクロスに始まり、花器と季節の花。

ナプキンの畳み方。

もちろん、お料理を盛る器もその色で

まず目を楽しませ、美味しさを倍増させている

のだと改めて感じます。

 

そういうことが、本当に大切だわ~って思い直す時間に

なっております。

 

今回はけんちん汁の器にお抹茶茶碗が用いられ

とても素敵でした。

 

来月はカルフォルニアロールを作りにお邪魔するのです。

 

お料理は習いたくないけど、食べてみたいなぁって

方はお料理屋さんなので、お食事だけもOKなんですよ。

 

花火大会をお店から観賞しながら、美味しいお料理に

舌鼓できますよ~♪ 

 

さ、私は復習してみまーす。

 

 

 

 

コメント

人気の投稿