うどんこ先生のガンガン日誌(闘う組長闘病記)第5話


「さすがは主任さん」

 

快適な入院生活を送るために、男性看護師を味方につけることには成功したが・・・。

 

彼がお休みの時には、また新人さんたちの練習台になってしまうかもしれない。

 

強力な、しかもカリスマ性を持っている看護師さんを味方にしなくては。

 

それは誰だろう?
 

 



あっ、いた! 病棟をまとめている主任さんだよ。

 

でもなぁ~。手術の前日に、私服に着替えて病室を抜け出し、戻ったら、

 

「うどんこ先生!20時以降は、オートロックで入れなくなるわよ!」

 

と、耳元でそっとささやかれたんだったよなぁ。

 

まるで、生徒指導主任に睨まれた「ヤンチャ君」の立ち位置に、今いるみたい。

 

んっ!? 主任さん、うどんこ先生って言っていた!?

 

よし。ターゲット・ロックオン♪

 

主任さん、なかよし作戦は夜勤で病室を巡回した手術の翌日に実行されました。

 

(なかよし作戦の詳細は、企業秘密で~す)

 

 

開腹手術をした時には、1日に2回、お腹に注射をされるんです。

 

血栓を予防するため。ということで、退院する日まで続くんですよ。

 

この注射は、お腹の肉をつまんでプシュ。とするだけで、それほど痛くないけど、

 

新人さんがやると、要領がわからなくて、針を直角にたてるから、

 

「恐怖」を患者に与えるというオマケ付き。

 
なかよし作戦の成果があってか、主任さんの力が素晴らしかったのか、

 

その後は、痛い目に会わなくてすみました。

 

主任さん。素敵です♪

 

 

 ☆☆☆
 
これより、りんこ。
 
 
アタシもすっごい覚えがあるんですが
 
病院行くと、ナースがお母さんみたいに思えるんですよね~。
 
 
前に大腸カメラを入れた時に
 
 
そこには爺さんもいれば、おばさんもいて
 
10人くらいが待合室で、下剤入りのシェイクを飲まされていて
 
 
トイレに行っては、ナースに、その「ブツ」が検査できる状態に
 
なったかの確認を取るわけです。
 
 
つまり、マイうん〇が半透明くらいになって、お腹にもう
 
何も入っていないってことの許可をナースに取るわけですね。
 
 
もう、なんだか分かりませんが、その空間では
 
我さ先感が出ちゃって
 
 
手を挙げたり、ナースを直接捕まえたりしながら
 
 
「許可」を求めるんですが
 
「まだ駄目ね」とか
 
「あ、いーんじゃない?」とかの判断が出るシステム。
 
 
それがまあ、中年のナースがお母さん状態で
 
我さ先感が出ているのは爺ばっかなんですが
 
 
「ねーねー?お母さん、見て見て!! 僕、すごいでしょ?」
 
って感じが、どの爺からも漂っていて
 
 
見てているブツがブツなもので
 
 
「一番後でいいわ」と思っていたアタシはその光景に
 
半笑いを浮かべておったわけです。
 
 
気持ちはわかるけど、日本の男、弱っ。
 
 
ナースはやっぱ偉大ですね~~
 
 
 
 
 

コメント