「良かれ良かれで子どもを壊す母の共通点」とりんこの「流行語大賞」


掲記コラムがプレジデントオンラインにアップされました。

 

Yahoo!ニュース版でご覧いただく場合はこちら↓

 


 

プレジデント版でご覧いただく場合はこちらです↓

 


 



 

 私、今年も本当に色んな学校の先生方にお話を聞かせていただく

幸せにありつけましたが、このコラムでは今年1インスパイアされた

言葉をご紹介させて頂きました。

 

皆さまもよろしかったら、珠玉のお言葉に酔ってみてくださいね~。

 

逆にですね、このコラムの冒頭でですね、子育てで今年一番、

やるせなくなった出来事として「清水アキラさんの謝罪会見」を

挙げたのですが

 

自分の中での「流行語大賞」がこれだったなぁと思ったのです。

 

それで、まあ、悲しいだけではなんだよな~!って思いにも至り

「流行語大賞 面白部門」は何だったかな?って考えました。

 

あくまで、私の中での「流行語」でございます。

 

それは友人が言ったこの言葉です。

 

「おめ~、ウチの息子を舐めんなよ!」

 

ある時、友人の家に電話がかかって来て、息子を名乗ったそうです。

 

 

「俺だけど…。悪いけど、金、貸してくんない?

彼女が妊娠したんだけど、(堕胎)費用が出なくて…。

来月の給料で返すから!」

 

ってことをのたまいやがったそうです。

 

彼女は冷静に電話口でこう言ったそうです。

 

「(お前に彼女が出来るなんて)奇跡やん!?」

 

そして、電話口の息子を名乗る人物にこう言ったそうです。

 

「おめ~、ウチの息子を舐めんなよ!

筋金入りで女にはもてねっつーのっ!!(怒)」

 

私は何だかわかんないけど、このフレーズが気に入って

しまいまして

 

「おめ~、ウチの息子を舐めんなよ!

筋金入りで靴下は蛇腹脱ぎだっつーの」なんてことを

 

洗濯機に向かって言っていると、不思議と腹も立たなく

(いや、立つけど)なったりする効能があることに

気付いた次第です。

 

皆さんもよかったら試してみてください

(MOCO‘Sキッチンのもこちゃん風)。

 

 

 

 

コメント