大学受験時の男女交際について、どう思いますか?

 高校2年生の女の子ママから、お嬢さんが大学生と交際しているが

受験学年を迎えるにあたり、心配でたまらないという

ご相談を受けたので、ここで私の私見を述べようと思います。



 

えっとですね、結論的には「静観あるのみ」です。

 

話はズレちゃうんですが、昔ですね、子宮頸がんワクチンが

公費で打てるということになったのですが

 

ウチの娘はその時、高3だったのですが、公費の学年には当たらず

「打ちたいなら、5万円払って、勝手にどうぞ」学年だったわけです。

 

そこで、母たちは大騒ぎになりましたね。

 

「経験のある子に打ったって、無駄なんだから、その子の分を

ウチの子に回せや!」とか

 

「でも、学校で『はい、経験者はこっちの列に並んで!』とか

言われても嫌だよ」とか

 

「なんで学年で区切るんだよ!厚労省のバカ!」とかいう

 

くっだらないことで、ガタガタしておりました。

 

33回接種、しかも副作用が激しいと聞いていたので

母達には5万円という高額値段もそうですが、受験学年にリスクに

なるんじゃないかっていう懸念があったんですね。

 

でも、大学1年の夏までには接種を終わらせたいっていう

暗黙の了解が、私の周りの母たちの間では多かったわけです。

 

つまり大学デビューをしたら、彼氏ができるって可能性を

否定しなかったということです。

 

結局、私は娘の接種を高3で行うことを決め、翌年初夏までに3回を

実施したのですが、結局、忘れもしない35万円かかりました。

 

春に免許を取得した娘が、ウチの可愛い新車で納車された

プリちゃんを運転して、婦人科に行った際に、左半身をガガ―――と

こすりやがって、プリちゃんに大怪我をさせてきたんですね。

 

5万円+プリちゃんの治療費で35万円になったとです(号泣)

 

つまり、高3とは母は悩ましい時代だってことですよね~。

 

そこで、今回のお悩みですが、私も娘を持つ母として、お気持ちは

とってもよくわかります。

 

ただ、私も娘のことで、いろいろあるのですが、こう思っているんです。

 

「反対理由が誰もを納得させられないものであるならば、それは

本当に正しいのか?」ってことです。

 

例えば、門限を21時に設定したとして、1分でも遅れると

玄関を開けない母友がいましたが、私には娘との埋まらない溝を掘っている

だけにしか思えなかったんですよね。

 

大学生になると外泊が増えますが、頑なに許さない母友もいます。

 

でも、私にはその意味がわからないわけです。

 

「危険が増す」ってことで言えば、何時に帰宅しようが、外にいる限り

危険です。

深夜に帰宅するよりも、安全な場所での一夜の方が安心かもしれません。

 

要は、どれくらい娘を信じられるかってことに尽きると思うわけです。

 

若いから、選ぶ人、出来事、経験値がない分、失敗もあると思います。

 

でも、それを親が先走って、石ころをどかせよう、どかせようとして

娘が40歳になった時、娘は幸せですか?って思ったら

私は「否」って思ったんです。

 

男選びも含め、失敗しても、自分で選び取る人生が良いのでは

ないかなって思ったんですよね。

 

私の仲良し友人が「娘には、これまで母が頑張って、社会で

生きて行けるだけの体力と知力を付けて来た。これからは娘自身が

それをベースに手探りで失敗しながら、生きていけばいい」って

3卒業時に言っていたことを思い出します。

 

ご相談者さんは、既に避妊のこともお嬢さんにお話されたということ。

 

更に付け加えるならば、好きだからと言って、相手の言いなりに

なるのは違うってこと

 

YESNOは自分からってこと

 

自分を大切にできるのは自分しかいないってこと

 

昨日と今日と明日を比べて、成長できていると感じる前向きな恋で

あること

 

大好きだと思える人に出会えるのは素晴らしいこと

 

ってなことを、お嬢さんと横並びに座っている時に

 

「お母さんはこう思っている。あなたの決断を応援する」って

ことを言い切ればいいんじゃないかなって思います。

 

ついでに付け加えますが、ご心配の彼氏がいると勉強が身に入らず

受験に失敗する説ですが

 

関係ないことを付け加えておきます。

 

何故ならば、私の友人知人のお子さんで高3時に大学生の彼氏さんが

おられたお嬢さん、結構、沢山知っておりますが

東大、女子医大、慶應、青学など、現役で行かれています。

 

入る奴は彼氏がいようが、彼女がいようが関係なく入り

入らない奴は彼氏、彼女に関係なく入れないという、それに相関関係は

あんまりないんだなぁって、私個人の研究ではそうなっておりますので

ご参考までに申し伝えます(笑)

 

ってことで、皆さまにもお勧めしますが、娘は高3卒業と共に

同居であろうが、ひとり暮らしを始めようが

母から気持ちの面で独立します。母の知らない、コントロール不能の

世界に飛び立つって意味です。

 

それまでに是非、お嬢さんに「女の先輩として、これだけは伝えて

おきたい」ということを順に教えておいてください。

 

娘はその母からの人生を賭けて学んだダイレクトな深イイ話を

きっと忘れずに、生きていくと思います。

 

受験勉強への取り組み、公開模試の点数のひどさ、赤点スレスレ

日ごろのだらしなさ、反抗的態度、そういうものの説教よりも

最優先に伝えることがあるってこと、覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

コメント

人気の投稿