私立の中高一貫校の「文化」を考える

 
 リソー教育さん(塾のトーマスだね)のWEB媒体

「おかあさんの参考書」で連載している、鳥居りんこ

コラムがアップされました。

 


 

↑ よろしければアクセスしてみてくださいね)

 


 

4回目の今回は「私立中高一貫校の文化」について。

 

普段、生活している中で「文化」というものを

考える機会は少ないと思うのですが

 

中学受験をしてみようかな?っていうご家庭は

これからの数年間、学校説明会に行きながら

「生」の文化に触れてみるといいですよ~。

 

やっぱりね、私立中高一貫校、膨大な金が出て行く

のでね、元を取りたいっていう気持ちはどうしても

出ちゃいますよね。

 

ひとつの魅力はやはり「大学進学実績」なんですが

こればかりは、クラス全員が優秀大学に合格ってなっても

我が子が「箸にも棒にも」になる可能性もなきにしもあらず

ではなく、その可能性、大!で、母が卒倒するって

こともよくあります。

 

これは我が子がその気になって勉強しない限り、

学校がどんな魔法をかけようとも、無理なものは無理。

誰しもが手に出来る称号ではないってことですね。

 

でもね「文化」ってものは、その学び舎に漏れなく

付いてくるものなので、行ってさえいれば

6年間で無条件に染み込みますね。

 

これって、親が考える以上にすごいことなんですよ。

文化って一朝一夕にできないんです。

 

自分だって、親になって中学受験をさせようとして

たかだか10年ちょっとの歴史しか刻めていないわけで

一般家庭に「文化」を求めるのはハードルが高いですよね~。

 

でも、その「文化」をちゃっかりいただき、しかも

それを支えて、繋げる側に回れるっていうことが

私学中高一貫校へ行かせる最大のメリットのように

感じています。

 

百年越えの私学も沢山ありますが、激動の時代を

経ながら、しっかりとした理念の元に立っているって

こと自体がすごいことなんですが

 

この言葉には決して出来ない空気を吸って、

人生で一番多感な時期を過ごせるってことが本当に

プライスレスだと思うんですよね~。

 

「文化」を単純な単語にするならば「根っこ」って

表現でもいいかもしれないですね。

 

1本筋があるところで、そこに掲げられた理念を元に

浴びるシャワーは子どもたちの養分になり

根っこを張らせます。

 

大学実績の良さとか、面倒見の良さとか、グローバル

教育とか、いろんなメリットが強調される私学ですが

 

私は本当の良さは親が決して提供できないことを

「所属」させたということだけで自動的に

我が子の身につけることができることが

実は最高に贅沢なことのような気がしています。

 

合う合わないが強烈に出るのが私学の良いところ

でもあるので、是非、現地に実際に出かけ

その文化の息吹に触れて頂きたいと思っています。

 

 

 

コメント

人気の投稿