中学受験をすると離婚が増える

今回の鳥居りんこ連載コラム@サイゾーウーマンは

「中学受験をすると離婚が増える」です。

多分ね、元々、そんなに夫婦の相性は良くなかったと思うんですよ。

いわゆる「性格の不一致」ってヤツ。

もしかしたら“中学受験”ってものがなかったら

意外と、価値観のすり合わせをする必要もなく

何となく“共白髪”、まで行けたふたりかもしれません。

でもね~、中学受験って自分が今まで培ってきた“価値観”というものが

如実に出ちゃう、すっごく怖いものなんですね。

本音の価値観ですよね。

実は「我が子が高偏差値でないと我慢できない」とか

「東大実績がどうしても気になる」とか

「ヒエラルキーの上部に行きたい」とか

「金が結局、すべて」とか

「子どもの教育に大金をかけるのは正直、嫌」とか

そういう、普段は心の奥底に眠っている“本音の価値観”が

竹みたいに、グイグイ伸びて来ちゃう。

それで、夫婦で意見が割れたりすると、もう収集つかないですよね。


そんなこんなな事から、今回は「離婚」に至ったケースを書きました。

サイゾーウーマン、もしよろしければ、アクセスしてみてくださいね<m(__)m>

http://www.cyzowoman.com/2018/05/post_186222_1.html




コメント