うどんこ先生 ガンガン日誌 第11話「お金」


 手術が終わって、ICUで一晩過ごし、病室へ戻って来た。

どうでもいいけど、ベッドから身動きできない。


 
そんな時

「事務で~す。書類で~す。読んでおいてくださいね」という

味気ない連絡が来た。

 

書類を手にしてみると

 

・・・今回の入院に於いて、入院費が高額になると思われますので

「限度額適用認定書」の申請をお薦めします。

ご不明な点がございましたら、ご説明しますので

F 入退院の受付窓口までお越しください・・・

 

身動きできないから、1Fなんかに行けないし。

 

誰か代わりに手続きしてもらおう!と携帯電話を取り出した。

 

そしたら、着信があったみたいで(手術をしている時だ)

某会社の取締役M氏からだった。

 

電話をしてみると

 

「おい、うどんこ!俺、悪いヤツが出来て、手術をすることになったよ」

 

M氏 が言う。

 

「なぁんだ、同じ年だから、体壊すのも同じなんだね。

俺は手術が終わって、今、病室に帰ってきたとこだよ!」

 

変な盛り上がりをして電話を切った。

 

 そうそう、お金の話だった。お金、お金。

 

 

保険には入っているけど、ひとまずは現金を用意しなくちゃいけない。

 

なんだかんだで、入院手術で「諭吉さんが1束」身代金として支払われた。

 

幸い、保険に入っていたから、1か月後に戻ってきたけど。

 

追い打ちをかけたのが、通院での治療費。

1回の通院治療と薬代で「諭吉さんが片手+α」必要になり

3週間に1回を、うっそ~、8回もやることになった。

 

以上の問題を整理して、言葉で式を組み立ててみると

 

入院・手術+通院1回での費用×通院回数=とりあえずかかる費用

 

その他、検査をするたびに「諭吉さん」が、さよならしていく

悲しい出来事が多数。

 

おっと、逆に、手に入ってくるものはどうなん?

 

休職している間に入金ってあるんだろうか?

学園の人に尋ねてみたら・・・

 

1ヶ月分の給与の8割が手元に来るよ。

6割が公的医療保険から、2割が学園からだよ」だって。

 

でも、学園から貰ったものは、年金などが天引きされて、ほぼゼロ円。

 

公的医療保険からは面倒な手続きをしてから、2か月後に手元に入った。

 

なので、休職した月から約2か月は収入のない状態になってしまったのだ。

 

やれやれ   (続く)

 

 

 

 

コメント

  1. 「限度額適用認定書」大事ですよね。
    母が骨折で入院した時も、夫が糖尿病で視力のレーザー手術をした時も、助かりました。

    返信削除
    返信
    1. はーこちゃんは物知りだ!
      ホント、この制度を知ってるか否かで、すっごく違いますよね。
      私は事前にやる方が手間がかからないので
      お薦めしております。

      削除

コメントを投稿

人気の投稿