強迫神経症の私たちへ

 
 サイゾーウーマンで連載中の鳥居りんこコラム。

本日は「中学受験で難関私立合格、しかし不登校に――

「息子を医者に」と願った“完璧主義ママ”の罪」でございます。

 


 

もしよろしかったら、アクセスしてみてくださいね。

 

このね、完璧主義ママっていうか、子ども追い込み型のママって

多いんですよね~。

 

ママに悪気と自覚はないんですが “子どもは自分の作品”もっと言えば

“失敗は許されない自分の作品” って感覚に近い子育てになっている人も

すっごく多いと思っています。

 

1枚しかない高級和紙に、これまた高級な墨と筆で文字を書かないといけない。

にじみもずれも絶対に許されないっていう“強迫観念”のようなものが

あるように見えちゃうんですよ。

 

それの“罪”については、本コラムで綴りましたが、これを書きながら

自分もね、そういうところが多分に出ちゃった子育てだったように思います。

 

なんだろう、誰も見てないのに、誰かの評価が気になるっていう感じですかね。

 

「ちゃんと子育てしてますっ!」ってところを誰に見せたかったのか

よくわからないんですが、とにかく「失敗できない」「ちゃんとしなくちゃ」って

ところはあったと思うんです。

 

子どもに対しても逆効果の洪水のようになりましたよね。

特に子どもたちの思春期時代は。

 

その強烈な胸の痛みがあって、私と同じようにしたら苦しくなるよっていうことを

綴って来たようなものですね、この十何年。

 

 

それでね~、なんでだろう?って思うと、

私、ズボラな完璧主義者なんですよ、きっと。

 

完璧にしたいのに、ズボラなもんで、出来ないからストレス溜まる。

それを体現してくれちゃう子どもたちを見て、ムカつく。

そんな負の連鎖だったかなぁって思ったりします。

 

最近、ある30代前半のすっごく私がリスペクトしている女性編集者と

話をしていて「毒親」について話をしていました。

 

それでね~、私が「私、神経性脅迫障害って病気だと思う」って言ったら

彼女も覚えがあるって言うんです。

 

私の場合、アイロンと玄関のカギとコンセントを含めた火の元なんです。

 

家に居る時には全く気にならないのに、いざ外出しようとすると、もうダメ。

 

指差し確認をしようが、声に出して確認しようが、もう不安が消えない。

家を出ても、戻ったりしますよね。

すっごい時間かかるんで、病気だと思います。

 

そしたら、近所の人も同じ症状を患っていたので、笑っちゃったんですが

その編集者もそうだっていうことで、対処法を教えてもらったら

「スマホ」で写真を撮るってことのようで、あ!これはやってみよう!

(撮りすぎてストレージ不足に陥りそう・・・)って思った次第。

 

私の場合だけですが、両親ともに、変にというか、無駄に厳しい人たちで

 

例えば、コップの水を運んでいたら、いきなり頭上から「こぼすんじゃないよ!(怒)」

っていう怒声が飛んできていたんですよね。

 

まだ、一滴もこぼしていないんですけどね、やる前から、事故前提(笑)

 

きっと親は注意喚起をして、注意深い、もっと言えば思慮深い子にしようと

“良い事”をしたと思っているでしょうが、とんでもない逆効果。

 

何をしても怒られ、しかも何もしていない内から怒られという日常は

自ら考え、行動することを放棄します。

 

波風立たない暮らしを選び、家庭内では「凪」って状況を作ることに腐心

するんですよ。

できるだけそうしないと、大嵐がきちゃうんでね。

 

子どもなんて、親の庇護下にある内は無力で、その綱がなくなったら

自身の消滅を意味するから、自分を殺してでも親に従おうとしますよね。

 

でも自分自身を殺している年月が長ければ長いほど、ドンドン変になり

本当の自分が何を欲しているのかが分からなくなる、つまり

ものすごい生き辛さを感じる、このことがすごい親の罪だと思う訳です。

 

コラムにも書きましたが、コラム上に出て来たママのような振る舞いを

今、自分自身がしていないかをちょっとだけ気を付けて見てください。

 

そんな思いで綴った作品ですので、よろしければ見てやってください<m(__)m>

 

 

 

 

コメント

  1.  はじめまして。坊主おじさんと申します。どうぞよろしくお願い致します。
    『親の介護をはじめたらお金の話で泣きみてばかり』を読ませていただき、
    こちらのサイトを知りました。

     サイゾーウーマンの記事も、読ませていただきました。
    たしかに、おっしゃるとおり、こういう完璧主義のお母様は
    おられますね。
     目の前のお子様が見えていないというか、見ようとされないので、
    お子様にとっては、たまったものではないと思います。

     不登校で公立学校にも行きたくないというのは、
    そのお子様のせめてもの抵抗だったのでしょうね。
     いろいろと考えさせられる問題だと思いました。

    返信削除
    返信
    1. 坊主おじさん、コメントありがとうございます!
      反応が遅くてすみません

      拙書、お読みくださりありがとうございました!

      まあね~、子育て、楽しいこともあるし
      辛いことばかりではないですが、本当に難しいですね。

      親は良かれと思いやっているんですが
      親も親業が未熟なまま親になるので、どうしてもね
      きつい時ありますよね~って

      解決法もないダラダラ書きで申し訳ないです。

      サイゾーウーマンも連載中ですので、よろしければ
      またチェックお願いします。

      削除

コメントを投稿