「公立中に進学してたら死んでたかも」


「『公立中に進学してたら死んでたかも』

いじめを受けた女子が、私立中学受験で得たもの」

 

 掲記タイトルの鳥居りんこがサイゾーウーマンで連載中の
 
コラムがアップされました。

 


 

今回は中学受験が人生を変えたというお話です。

 

学校って、やっぱりその子をすごく伸ばす力もあるし

逆に、合わないと、その子の一生を辛い物にしてしまう

危険性を持つものだなぁってつくづく思います。

 

今、中学受験に悩んでいる母達も大勢いらっしゃると

思いますが

 

どうか、偏差値よりも大学実績よりも先に

目の前の我が子に合っているのかどうかの視点で

みてあげてくださいね。

 

何となく「居心地がいいな」とか「我が子をここに置いても

違和感なさそう」っていう自分の勘を信じて

 

そして、子どもが同じことを感じたならば、そこが

運命の学校だということだよ~♪

 

私もその一助になるように、学校情報を出来る範囲で

挙げていこうと思うとります<m(__)m>

 

お楽しみに!

 

 

 

コメント

  1. りんこさん、こんにちは~。うちの子の学校も、偏差値も大学実績もはた目にはパッとしない部類に入るかと。生活ぶりは超マイペース、のんびりしてて心配になりますが、部活に精を出せる環境で頑張ってるので良しとしています。(中2でこんな感じでは高校受験だったら無理じゃね?とおもいます。。。)今年は2年生~4年生の全員にChromebookが導入されて、各教科の課題もほぼGoogleさんの中でやり取りするという、なんとも羨ましいICT化ですよ!(最新の薄いPC持ち歩くなんて、中小企業のなんちゃってIT担当母からしたらなんという贅沢)これであとは英語が身に付けば、社会に出て困らないのですがね・・・

    返信削除
    返信
    1. お久しぶり!暑い中、元気してますか?
      部活に励むなんて、正しいチュー坊ぶり、何よりです!!

      ホントさ、最近のチュー坊って贅沢だよね。

      ICTは当然かのように持ち歩くし、海外研修と称して
      連れてってもらうし

      これで、身になってなかったら、八つ裂きじゃ!って
      吠えちゃうよね~、母は。

      削除

コメントを投稿