一緒にいると不幸になる「残念な男」5つのタイプとは

 
掲記タイトルのコラムがダイヤモンドオンライン上でアップされました。

 

もしよろしければアクセスくださいね。

 

https://diamond.jp/articles/-/177656 ←ダイヤモンドオンライン

 


 

↑ Yahoo!ニュース版

 

 

まあ、70億の人がいて、その内の半数が男性だとして

それだけの数の人の中で「運気が来づらい」って男性を5つに分類すること

自体に無理があるんですが

 

“読み物”として楽しんで頂ければ、それで十分かなって思っております。

 

個人的にはですよ、個人的にはですが

 

前回、綴った「残念な女」バージョンの方がより核心的だとは思うのです。

 

↓ 女性バージョンはこちら

 


 

 

なんやかや言って、結局、男性は女性次第な気がするんですよね~。

 

昔は「女は結婚相手次第」で幸せにも不幸にもなるって

その経済力が大きな比重を占めていて、そう思われていたように思うのですが

 

私は個人的には逆で、男の運気を上げるのも下げるのも女性だよなぁって

思っております。

 

 

40代後半からの同窓会に行くと、女性はそこまで変わらないのに

男性がすっごく容姿が変わっていることに気が付くことがないですか?

 

しょぼくなっている人とそうではない人の差が出ているって言うのか

 

「男の顔は履歴書」と言われておりますが、そのとおりで

内面からにじみ出る、その人の生き方とか考え方、その人自身の

ストーリーが如実に出ちゃうような気がしています。

 

女性はお化粧とかファッションとかで飾れる部分が大きいので

そこまで表に出ないってこともあるとは思うのですが…。

 

そういう激変を遂げた方々について、いろんな女の人に意見を聞くと

やはり「女次第」ってことが大きいように感じてしまうんですよね~。

 

世の中には運気から掴まれやすい人がいるんですが

男性は特に女性を介して、運気を授けられるように思っています。

 

女性が触媒としての役割を果たすってイメージでしょうか?

 

やっぱり、男女ともに女から生まれるわけですから、これは仕方ないのかも

しれないですね。

 

皆さまはどう思われますか?

ご意見、聴かせていただけると嬉しいな

 

ってなことを考えながら、綴ったコラム。

読者の皆さまの「残念な男」バージョンも読みたいとのリクエストに

お応えした作品ですので、もしお時間がございましたら、ご高覧いただけると

嬉しいです。

 

 

コメント

  1. はじめまして。ダイヤモンドの記事で大笑い&大納得してこちらに来ました。
    生霊女!いますよね(実は私の父と姉がそう)。
    過去完了進行形で生きてるとか、もう面白すぎです。
    「二人でいる方が寂しい」まさにそう!それで離婚しましたよ。

    とまあ、そんな評価は聞き飽きていると思いますが、コメントさせていただいたのは過去の記事でこんなお言葉を見かけたのが理由です。

    >ヨーロッパは特に「騎士道」みたく女性は蔑む対象ではなく、守る対象のように想像しているので実態はどうなのかなぁって、ちょっと気になりました。

    ヨーロッパ人と結婚して色々見てきました。
    個人によるというと身も蓋もないのですが、一般に白人はレディーファースト的な振る舞いができる人が多いです。私はスイーツのテイクアウトの仕事をしてるんですけどね、日本では若いカップルでも男がまず先に食べてから彼女にもあげる、みたいな光景をよく見ます。女が会計中に男が食べてる、とか。アジア系は大抵そうですね。男優先。

    でも白人でもイタリアやスペインはアジアに近いです。先日も男4人と女1人のイタリア人グループで、男がまず買って食べはじめ、女性が買う順番の時は食べ終えている男もいたぐらいで。

    スマートじゃないですよね。私の夫はすっごいレディーファーストなので(他の女性や老人などにも)、日本人の私は最初の頃は本当に驚いたものです。アジアの男はもう少し成長してもらいたいものです。

    返信削除
  2. nekoさん、ありがとうございます!
    そうですか!国際結婚でいらっしゃるんですね(羨)

    なるほど!イタリア、スペインはアジア系と同列なんですか!?
    イタリア人はアモーレ偏差値高いって思い込んでいました。

    こないだ日本の若者に「女を口説くこと自体がもうめんどくさくて無理!」って
    真顔で言われて、うちら、近い将来に絶滅するかも!?って思いました。

    nekoさんのダーリンがレディファーストなのはお母様のご教育の
    おかげなんですかね?

    日本は何がどういけないんだろうか?ってすっごく悩みます。

    返信削除
  3. このお盆に、義母の初盆で、夫と次女一家と私で、お寿司をとりました。その時に夫が、「うちらのところでは子どもは産まれてる。2025年問題(団塊の世代が後期高齢者になって高齢者があふれる)は、東京と中国の問題。中国も労働力が値上がりして、一人勝ちは終わるよ」と言っていました。
    次女のアパートの近所は、築14年4LDKの中古マンションが2600万でネットに出てて、あっいいなと思ってたら、あっという間に売れたし。
    次女の友人が結婚したのですが、旦那さんは中学の時から奥さんが好きで、大学時代に告白したの。
    地方は選択肢が狭くて選びやすいというのは、あると思いますね。

    返信削除
    返信
    1. そうですよね~、地域格差ってことも大きいですよね。
      選択肢が多いのも、良いような悪いようなこともあり得ますよね~。

      家族は難しい問題だなぁって思います。

      削除

コメントを投稿