小6初夏、初潮の訪れとともに娘が激変! 

 


サイゾーウーマンでの鳥居りんこ連載コラム。

今回は「女子の反抗期」です。

 


 

中学受験期に反抗期が来ちゃうと、母は扱いに

ほとほと困るってことなんですが

 

この時に、ドーンと構えてあげられる母だと

本当に子どもは楽だなぁって思うんですよね~。

 

一番、始末に負えないケースが

「反抗期がない」ってヤツ。

 

やはり人間って、順を追っていく生き物なので

セオリーどおりってことはあると思う次第。

 

這えば、立て、立てば歩めの親心じゃないですが

歩んでから、這うってことはあまりない。

 

旬な時に旬な事をセオリーどおりにやって

年を重ね、段々と年老いてってことだと

思うわけです。

 

この、経験するはずの反抗期を経験しないで

大人になった時に、やはり、気が付かない所で

「やり残し感」が出るんだと思うんですよね。

 

例えば、毒親だったために、本来10代の内に

反抗期を経験しなければならなかったのに

サバイバルをしていかなければならずに

経験しないまま大人になる。

 

で、これが、中年以降に一気にきちゃうと。

 

これはね、本人にとっても相当、きつい事です。

赤ちゃん返りみたいなものですから。

 

なのでね、本来、やっておくべき通過儀礼は

丁寧に踏んで行った方が良いと思うのであります。

 

お子さんの反抗期で悩む母は

「ああ、ちゃんと人としての道を歩んでいるんだな」

と安心しながら、見守るってことが鉄則だと

思いながら、書いたコラムです。

 

お手すきな時にご覧いただけると嬉しいです。

 

 

 

コメント

  1. ももんがです!前後しますが「名もなき家事」大ヒットでしたね!こちらは、女子反抗期について…私も若いときに済ませておいた方がいいと思います!
    りんこさん、私、57歳にして、初めて毒母に「クソババア!子供の時からずっといじめやがって!まだ足りないのか!」と言えました…父の葬儀後のことでした��
    父の悪口ばかりいうから…しかし、「夫を亡くした可哀想な母」に悪態をついたということで、母方の親戚、毒母からももちろん責められっぱなし。
    私は娘が10代のうちに「クソババア」と言える母で良かったと自負しております。しかし、二十歳を過ぎたのでそろそろやめてほしいですけどね(笑)強い母と強い娘に挟まれ、哀れな私ですが、経済的にはなんとか、自立しているので、家事の不出来と関わらず、シングルで頑張り続けています!
    もうすぐ、学費も終了ですー!
    訳のわからないこと書いてごめんなさい。

    返信削除
  2. ももんがちゃん。

    まずは、お父様、お悔やみ申し上げます。
    悲しいよりも、脱力感のような
    不思議な感覚じゃないかと想像しています。

    そっか、そっか、お母様に言えたのね。
    良かった!!
    すごい一歩だね。

    私は生涯、一回も言えなかったので
    ももんがちゃんの勇気を称えたいと
    思います。よく頑張ったね。

    お嬢さんとの関係は大丈夫よ!
    きっと、これからはご実家を少し
    忘れて、自分のことを大事に出来る
    暮らしがやってくると思う。

    私たち、お楽しみはこれからよ!(*^^)v

    返信削除
  3. ももんがです。再度ごめんなさい。どうしてもお礼を言いたかったので。
    葬儀後、親子バトルになり(母と二人だけの時でしたが)私も本当に疲れはてていたのです。「言えて良かったね」というりんこさんのお返事に涙が出そうでした。父の死よりも母とのやり合いで消耗したので。毒母体験のない人には決して理解されないことなので、母方親戚からも責められていたのです。
    りんこさんは生涯、言えなかったと書いていらっしゃいましたが、それでもいいのかなと思っているところです。言ったところで毒母は決して反省などしませんし、4倍、5倍になって罵り返されただけで結局は黙るしかなかったのです。不毛の戦いでした。疲れるだけでした。それでも「良かったね」の言葉には本当に救われたのです。ありがとうございました。
    りんこさんはご両親共に見送られて、立派に義務を果たされ、本当にこれからが本番の人生ですね!
    ぜひ、充実の日々を過ごされますよう、心からお祈りいたします。
    私も何かいいことがあったらお知らせさせてくださいね。

    返信削除
    返信
    1. ご返信、ありがとうございます。
      私の事まで、気遣ってくれてありがとね。
      そういう優しさがね、ももんがちゃんの
      苦労が開花したものだと感じます。

      言えて良かったと心から思うし
      その数千倍めんどくさい事態が予想され、さらに言う事によって
      辛さが倍増することも分かっていた
      でしょうに、それを越えた勇気を
      持てたってことはね、、私、思うに
      多分、ももんがちゃんが昔より
      少し強くなって、大人になった
      証だと思うわけです。
      もう自分の人生を自分で生きるよ!って
      感じ?
      お父様という弱点がなくなった
      タイミングでの発声だったから
      尚のこと、素晴らしいと思いました。
      頑張った!偉い!!

      ってことで、お暇な時に
      少しゆっくりとお母様の事を
      聞かせて頂けるとありがたいです。
      私、謎解きしてるの(笑)

      よかったら、「お問い合わせ」から
      連絡くださいね。

      削除
    2. ありがとうございます!
      あの、どこを見てもお問い合わせというのがわからないオバサンです💦
      毒母研究なら、いくらで喋りますよー(笑)

      削除
    3. あれ?スマホだと表示されないのかな?
      では、よかったら
      to-rinko@mbk.nifty.com
      までお願いします♪

      削除
  4. 何度もすみません。
    上記のアドレスで書いたらなぜかエラーになりまして、なんとかお問い合わせのところを発掘してそこから書いてみましたが、私の送信履歴には残らないので、届きましたでしょうか💦
    なんともパソコン音痴で申し訳ありません。

    返信削除

コメントを投稿