「呪い」のススメ



中学受験絡みで「闇落ち」されている方からの


メールを多数、頂いておりますが


皆さん、健気でね~、

「こんなんじゃいけない!子どもは普通の

小学生として、普通の暮らしを楽しみ出したのに

私がこんな顔をしていて・・・」


とか

「主人も子どもも通常通りの暮らしに戻り

世界中の自分以外の人は立派に毎日を

過ごしているのに、自分だけがこの世から

隔離されたような気分です・・・」


みたいな感じです。


頑張って、頑張って、気持ちを立て直そうと

もがいているっていった様子が伺えます。


みんなをひとりずつ「よく頑張ったし、

今もよく頑張っていて、偉いぞ!」って

抱きしめてあげたいけど、そうもいかないので

ここで文字にして気持ちを託す次第です。


あのね、なんで、そんなにいい子になろうとする?


いーじゃん、鬱々としてて。


無理にでも気分をアゲアゲにできりゃいいけど

そんなん、私たちか弱い乙女(殴)なんだから

出来るわけないっしょーが!?


今はね、もう、なんでもかんでもに

いちゃもんを付けて、呪う時期なのよ。


人間には段階があってね、悲しい時とか

苦しい時に、それをそのまま受け止めるには

日にち薬が要るんだけど


一番最初は黒い気持ちをもうこれ以上、出せない!

だって、私、本来は天使なんだもん♡って

くらいになるまで、出しまくらないと

とてもじゃないけど、受け止められないんだよ。


いーじゃん、呪ったって。

あなたが呪うくらいで、誰かや何かがどうにか

なるんなら、あなた、「黒魔術師」として

逆に社会貢献が出来るけど、実際、無理じゃん?


今は鬱屈した時期なんだよ。


「あー!アイツもコイツも不幸になれ!」

っていうね。


我が子にはこんな黒い気持ち、絶対に

見せられないやね。


でも、これをきちんとやらないと前には進めないよ。


いいの、呪って。

そうこうして「私が世界で一番不幸!」って

やっている内に、入学式が来て、中間テストよ。


もう、ビックリするよ。

「マジか!?」って。


突然、現実世界のあれやこれやに目が覚めて

「呪ってる場合じゃない!」って焦って

普通の暮らしに戻るから


さあ、そしたら、また我が子を怒鳴りまくれ。


「起きろ!」

「サッサと支度しなさい!」

「忘れ物はない?」

「え、なんで今、プリント、出すのよ?」

「お弁当!お弁当、忘れてる!!」


って、ノーメイクのまま、弁当持って子どもを

追いかけるね。


そんな、愛すべき日常が戻って来る。


「え~?トップクラスにいるどころか

下から数えた方が早いなんて・・・。

コイツ、正真正銘のバカじゃね!?」って

めまいを覚えて、それが更年期だってことにも

気が付くのが余計、遅くなるやね。


それが、中学受験の卒母が辿る道。

結構、堪えられない魅力あふれる「母道」よ。


さあ、そういう初夏がいずれ来る。

今はその時のための体力温存。


思い切り、呪っていていい時期だと

私は思います。


コメント