「中学受験ロス」の実態

 
鳥居りんこがサイゾーウーマンで連載してます

中学受験コラム、今回は


「ジャガー横田さんの夫も罹患!? 

最難関N中合格の母が襲われた

『中学受験ロス』の実態」です。




人間って目標を持って、それに向かって生活

した方が張りも出て、毎日が充実していくと

思うのですが、「充実」にも色んな意味があって


その目標達成までの、喜怒哀楽のドラマがね

自身の人生の物語感をより濃く演出して

いきますよね。


良い時も悪い時もあってこその「充実」です。


「中学受験」は懐妊→出産に次ぐ、

長期イベントになるので、人生にとっても

「祭り度指数」は相当、高いです。


それで、今の時期です。

「祭りの後」ですよね。


最大限、情熱を込めた事柄が時間の区切りで

「強制終了」ですから、その喪失感は


結果が良くても、悪くても、どうしても

出て来ちゃうんだと思うわけです。


でね~、抜け殻になって、何も考えられない母、

続出します。


何もしたくない、何も動けない。

ただ、虚しい感じが広がっているって感じですかね?


「合格したのに、なんで鬱々してるの?」

って自分でも不思議でしょ?


自分はもう誰からも必要とされてない

お呼びでないって感覚はきついと思うんですよね。


でもね、それを楽しむまではいきませんが

その感覚の中にいることを、ただただ眺めていて

ください。


青空に綿菓子のような雲が一杯、浮かんでいて

そして、流れていくような感じです。


綿菓子雲は雑念ですけど、考えもまとまらずに

何もする気になれない自分が、ただただ

流れゆく雲を眺めているってことですね。


それをね、いちいちジャッジしないでください。


「ああ、あの時、私が・・・」とか

「なんで私だけ・・・」とか

「こんなことではダメだな」とか


湧いてくる雑念に対して、良い悪いを決めないで

いいんです。ただただ、湧くことを許すことに

してくださいね。


これはね、産後感じた「鬱感覚」と同じです。


大役を果たしたからこそ感じる、ブルーな気分。


ホルモンのなせる技なので、自分を責める必要は

全くないです。


「ああ、それでブルーなのか・・・」って

思うだけでいいです。


そしてね、3月がやがてやってきます。


その時に「卒業式かぁ・・・。スーツ入るかな?」

って頭をよぎる瞬間が来るわけですよ。


その瞬間です!

「ゲッ!?入んないじゃん!?」って

ここで「まさか」が訪れるわけですね。


もうダイエットたって、期日に間に合わせるためには

断食しかありませんけど、あなた、意志がすっごく

弱いでしょうから、無理ですね。


そこに気が付いた時に、潔く諦めて、あなたは

洋品店に行くしかないです。


ここからです。

あなたはあなたのためだけに、あなたのことを

あなたの決断だけで、成し遂げようとしている

ことに気付いてください。


「スーツ」を新調する行為が、実はあなたの

「子離れ」の第1歩なんですよ。


そして、ようやく「入る」スーツを獲得したならば

その時に、自分自身に言ってあげてください。


「お疲れ、自分! これからは自分のことも大事に

してあげるからね!」って。


そしたら、劇的に増えた、白髪を染めに美容院に

GO!ですよ~。


そこまで動けたら、あなたの春はもうそこまで

来ています。


今だけの「ロス気分」を是非、楽しんでください。



コメント