山下弘子的超思考法第4話 今、この瞬間を



今日、25日は私にとっては1年で一番

寂しい日です。

悲しいというよりは、寂しい日です。

 
 
 

一昨年、母が亡くなり、昨年は弘子ちゃん。

 

その時刻に夢を見た私は、夢の中で母に向かって

弘子ちゃんを助けるように懇願していて

それでも、どうにもできないことを悟って

 

母の周りの人たちに「どうして、誰も動いて

くれないんですか!」って絶叫したところで

目が覚めたことを覚えています。

 

まさか母と同じ日に逝かれるなんて

最初は何に対してかもわからないまま

ただ怒っていたんですが、今は

ただただ、寂しいですね。

 

先週、弘子ちゃんに会いに行ってきました。

 

彼女はそこに大人しくは眠っていないと

思うので、きっと私たちが行った時分に

慌てて、戻ってきて、さも最初からおりこうに

そこに控えていた振りをしてたでしょうが

 

目の前で悪口?軽口?を叩く年長者たちに

キュートな笑顔で「ちょっと、もっと褒めて

くださいよ~(笑)」って言っているように

思いました。

 

今もですが、この5年間は毎日、弘子ちゃんの

ことを考えています。

 

ある人から、その時「今、何を祈って

たんですか?」と尋ねられたんですが

 

この5年間は毎日一緒です。

 

「痛くないですように、痒くないですように

寒くないですように、暑くないですように…」

 

実際に、本人に言うと、笑いながら

「大丈夫ですよ~!(体調は)完璧です!」

って返してくれることも一杯ありました。

 

弘子ちゃんはとても品がある子なんですが

食べ方もすごく綺麗なんですね。

 

そして必ず完食してました。  ↓ この後、お好み焼き完食💛



 

倒れる何時間か前の食事も本当に美味しそうに

食べていて

 

「美味しいね、りんこさん。

(美味しいものが食べられることは)幸せだね。

なんて幸せなんやろう~」って

 

満面の笑みでシシャモ焼いてました(笑)。

 

しかも、ごはんを自らよそって

おかわりしてました(爆)。 これな! ↓
 
 
 

 

彼女がメディアに向けて語っていた

「この瞬間を全力で楽しむ」って姿勢は

ひとかけらのウソもなく、本当に

そうだったんです。

 

これまた、ある人が先週、弘子ちゃんの前で

私にこう尋ねたんです。

 
「りんこさんにとってこの1年はどんな1

だったんですか?」って。

 

もうね、生きてるんだか、死んでるんだか

分かんないような感じで、いろんな人に

すがりついて、ものすごい迷惑をおかけし

それでも足りずにもがいていたような

感じですが

 

それを言われて、思い出したんです。

 

「悲しいときは悲しむけど、嬉しいときは

目一杯喜ぶ。これはガンだろうと

余命が出てようと同じですよね?

 

だから、今は(美味しいものを目の前に

しているから)目一杯、楽しみます!

つーか、楽しんでます(笑)」

 

「この瞬間を全力で生きたいんです」と

言ってくれた弘子ちゃんがいるのに

 

私は何をやっているのか・・・。

 
 
 

今日、弘子ちゃんが喜んでいた湘南の海で

風に吹かれながら「この瞬間・・・」という

彼女の声が聴こえたように思いました。
 
 
 
 
やっぱり、伝えていかなくちゃと思うので
 
これからも時々、弘子ちゃんの生き方、
 
考え方を綴っていこうと思っています。
 
 
弘子ファンの方は、よろしかったら
 
時折、お立ち寄り下さいますとありがたいです。
 
 


コメント