うどんこ先生ガンガン日誌 第23話「やるなぁ、じいちゃん!」


今回のうどんこ先生は「人間観察」

 
 
私(りんこ)も知らないおばちゃんから
 飴ちゃんをもらうことがあるが


本場、大阪に何度も行ってるのに

ここでは、まだもらえていない。

 

なんでや?大阪はよそ者にはくれんのかい!?

って思っているが、そう言えば、自分も

最近、飴ちゃんを袋で持ち歩いたりしてるな。

 

その内、間違いなく、白菜に進化するな!

 

ってことで、今回は「先生、80の爺さんの

コミュ力を羨ましがる」の巻です。

 

めちゃ、ウケる(大笑)

お楽しみください!

 

 

23話 やるなぁ、おじいちゃん

 

手術が終わり、ICUから病室に戻ってきたら

隣のベットに新たな住人が来ていた。

 

目つきは鋭いが、なぜか人懐っこい80才を

悠に超えた「シゲじい」だった。

 

若いころはお店を手広くやっていたと本人はいう。

食欲も旺盛で、とても元気だが、話を聞いてみると

今年に入って4回めの入院ということであった。

 

ご挨拶ということで、なぜか「塩飴」をいただいた。

 

おじいちゃんから、頂き物をした初めての

経験だった。
 
 

何故か、知らないおばあちゃんから、物を

頂くことが、今までに何回かあったなぁ・・・。

 

おばあちゃんという人間は、必ず何かを

持っていて、それを他人に渡すことを楽しみに

している人種ではないかと思っている。

 

ある時、電車の中で、行き先を尋ねられた

ことがあった。

 

教えてあげたら、お礼にということで

「ボンタンあめ」をしこたまもらってしまった。

 

オブラートだけに包まれたものだったから、

ポケットの中に入れることもできず

頑張って口の中に、全部を詰め込んだら

 

『おまえさんは、そんなに これが好きなのかい?』

 

と言って、お代わりをくれそうになって、

お断りをするのに大変だったことがあった。

 

また、雪の降ったある日、坂道の下で登るのを

躊躇していたおばあちゃんを、車に乗せて

坂の上に連れて行ったことがあった。

 

着いたのに、なかなか車から降りないおばあちゃん。

 

マジックバックの中から、白菜を一つ取り出して

 

『この子は、誰かに貰われるために今日は

持ってきたんじゃ』

 

と言いながら、新鮮は白菜を頂いたことが

あったっけ。

 
なので今回は、おじいちゃんの生体を観察できる


初めての経験だった。

 

そんなシゲじいの元に、若~い看護師さんが

一人やってきた。

 

『シ~ゲちゃん。検査よく頑張ったねぇ、

エライ・エライっ』

 

なぜか、アニメ声で幼稚園児に接し始めた看護師さん。

 

「ウン。ぼくちゃん頑張ったよ~。傷口 見て見てぇ」

 

と甘えるシゲじい。

 

『よしよし。痛かったねぇ。でも、よく頑張った。

エライ・エライ』

 

「じゃ、ご褒美に、いいもの見せてあげる。

ほらっ。これ見て!」

 

『うわぁ。すんごぃ。この宝石。すてきぃ~』

 

もう、聞いちゃいられない。

 

これじゃ、入院生活が楽しくて、何回も来るわな。

 

おじいちゃんの元気の源は、アニメ声の

看護師さんの優しさでした。

 

(看護師さんも たぁいへん だなぁ~)


 

コメント